Page: 1/413   >>
急須

新緑が燃えるように美しく、

あちこちで花の香りがして、いい季節ですねえ。

あっという間に過ぎて行くこの一瞬を大切にしたい。

 

今日は急須2点。

入れ口が広い急須。

 

直径12.8センチ、本体高さ6センチ。

 

蓋裏に「浩」の刻印。中古です。3000円。

 

 

これはSHOPに置くのは今日だけ。明日は他で売ってくる。

 

工芸品の中国茶壺(急須)。直径8.3センチ、本体高さ5.2センチ。

 

16000円。

 

タックはどこかに行ってしまい(静かな所に潜んで眠ったのかも)、

マルコはいつもの場所でいつものように眠っているから

猫画像はなしです。

 

| hirao | 08:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
フリルガラスのシェード、ガラスのハエ取り

貴重なフリルガラスの電気傘。

 

高さ11センチで無傷です。

 

7000円。

 

 

気泡がある手作りガラス製ハエ取り。

 

花を生けるなどして。高さ13.3センチ、直径17センチ。

1500円。

 

 

パソコンの前に座るとやってくるマルコ。

時々ナデナデして声をかける。

自分に関心が向けられていることが嬉しいみたい。

 

これがプリンタの上なものだから、

プリンタの電源を足で押したりして誤作動をさせ、

いっときプリンタがおかしくなった。

| hirao | 08:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
煉瓦色大島と麻藍絣

夜会合があり、珍しく就寝が遅くなる。

でも目覚めはいつもと同じ5時くらいだから、睡眠不足である。

「眠い」という自覚はないが、てきめんに頭が働くなったみたいで、

今朝の商品アップという簡単な作業でもミスを繰り返した。

今日は重大なイベントはないからまあいいんだけど。

 

ミスをしながらアップした商品がこちら。

煉瓦色地に黒糸の大島で

 

襟に若干の変色あり。まあでもそれ以外の状態はいいと思う。

 

薔薇の花のような柄。

裄63.5センチ、袖丈47センチ、身丈156センチ、

前幅22センチ、後ろ幅28.3センチ。3000円。

 

 

 

麻藍絣で、一度丸洗いされているようだ。

 

裄60センチ、袖丈60センチ、身丈137.5センチ。

 

5000円。

 

もやがかかったような頭だから、書くのもこの程度にしよう。

「なんだかなあ。このデジャヴな感覚」

 

白内障で視覚がぼやけた状態と通じるところがある。

| hirao | 08:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
イタリア製フレームの鏡

sold out

イタリア製フレームの鏡で、

 

面取りガラスの高級品。

 

54.7×74.5センチで厚み5センチ。

 

 

4500円。

 

 

マルコがやってきました。

| hirao | 06:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
灰桜の絽帯三越の商標つき

オークション形式の市で争う相手がいて、なんとか落札した帯。

 

sold out

グレー味の淡い桜色に、使用した糸は薄灰色と銀糸。

三越の商標つき高級絽の帯だ。

 

桜色でもこの色なら、私でも使えそう。

80代になってもこういう帯はすてきかも。

帯揚は白、帯締は銀色なんていいかな。

 

これは前。一度くらいの使用できれい。

 

幅30センチ、長さ364.5センチ。9000円。

 

 

SHOPに出さない、これは江戸褄。

sold out

裄64.7センチ、身丈158.5センチ。

 

蔦紋でよいものだがミシン刺繍だ。

 

脇に小さい汚れあり。

 

2000円。安くしたけれど礼服としてお召しになれます。

 

 

店主の脚に埋もれるタック。

気持ちのいい春の1日になりそうです。

| hirao | 09:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
アクセントラグ

昨夕パンを買いに出かけた帰り、遠回りをして公園の脇を通った。

 

イチョウの芽吹きがだいぶたくましくなってきた。

 

パセリなどハーブの苗を買って帰ると、店主が弱り果てた顔で

「マルコが出てしまったんだよ」

浴室側ベランダの鉢にも固形肥料をやるように言いおいて出たのだが、

まんまと逃走されてしまったようだ。

 

「隣に入った」と言うので2階のベランダから見下ろすと、隣家の庭から、

早くも帰りたそうにこちらを見上げている。

呼ぶと律儀に返事を返して仕切りの塀に飛び移った。

店主を浴室に行かせて「窓を開けて名前を呼んで」。

あっさりご帰還。

デブだが塀に飛び乗るほどの身体能力はあってよかった。

 

今日はウールのアクセントラグ。

sold out

ノッティングという手法による手作り。

 

1点3500円。

 

紺:43×47.5センチ。

 

煉瓦色:38センチ角。

 

みかん色1:45×41.7センチ。

 

みかん色2:42×39.8センチ。

 

密な毛足で、ベンチなどに置くと座り心地がいい。

| hirao | 07:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
パステルカラーのウッドチェア

パステルカラーが軽やかな印象のウッドチェア。

 

幅42.8センチ、奥行き51.2センチ、座の高さ45.5センチ、

 

全体高さ80.2センチ。

 

塗装がとれたか所あり。

 

2脚で9000円。

送料は地域によるけれど、さほど高くはならないと思う。

 

 

昨夜、マルコがタックをソファから追い出そうとし、タック応戦。

でも結局追い出されました。

広さは充分なのに、この場所が欲しかったらしい。

どこかの国の紛争みたいだ。

 

トルコ、案の定という結果になってしまって。

どいつもこいつも、って思いませんか?

 

コピーちゃんはこうして水に顔をつけたまま休む事が多い。

 

店主が「ニャーコ(前にいた猫)みたいだ」

私は仕事であまり家にいなかったので知らなかった。

晩年はこうしている事が多かったそうだ。

たぶんのどの渇きが消えないのだろう。

でもまだ自分でトイレにも行き、食欲旺盛だ。

長生きしてほしい。

| hirao | 07:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
桐箱入り袋帯2点

昨日のい草の籠に紐をつけ終わった。

昨日ブログに出すと、すぐに予約のメールが(笑)。

 

しかし、もらい物の紐で商売するのはなんだかなあ。

売るのはお断りしたけれど、ひとかたならぬお世話になっている方だ。

差し上げることにします。T様。

しっかりつけたつもりだけど裏側がプロの仕上りでないのはご寛恕を。

 

 

今日は桐箱入りの袋帯2点。

sold out

檜扇に平安女性の後ろ姿、華麗な桜菊の柄の帯で本袋。

 

龍村の工房を見せていただいたことがある。

本袋というのは、裏返しで表側裏側とも袋状に織っていく。

(多く流通する袋帯は表布裏布をあとではぎ合わせる)

最後に表に返すから、そのときに糸の1本でも織り損ないがあるとそれは不良品だ。

 

一度くらいの使用でしわはあるがきれい。

 

幅30.7センチ、長さ429センチ。

 

地色が落ち着いているので40代くらいまで。8000円。

 

 

sold out

表裏ともに精緻な柄を織り出した佐賀錦の袋帯。

 

静かな色柄なので一生物で使えると思う。

これも一度くらいの使用でしわはあるがきれい。

 

幅31.2センチ、長さ442センチ。

 

箱は少し汚れがあります。8000円。

 

そばに来たマルコを撮影。

| hirao | 08:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
竹かごバッグ

東京の桜は散り、花びらが春の風に舞い上がっている。

この花びらが都会では処理に手間がかかるそうな。

田舎ならごく自然に土に還っていくのに。

花びらが自然に消滅するような都市づくりができないものかしら。

 


竹かごのバッグ。

 

底26.3×10センチ、高さ21.5センチ。

 

6000円。

 

これがほしくて上記を含むバッグの山を買ったのに、

 

持ち手が取れかけており、つけ直さないといけない。

遠くで見ただけのチェック不足だ。

 

ハンパものとして安く出そうかと思ったが、

そういうことばかりしていると閉店セールを10年する店になってしまうからやめて、

リメイクすることにした。

染織り作家松永さんにもらった裂き織りの紐をつけると

すてきになりそう。


それで、この画像も用意したけれど、やはり売るのはやめ。

欲しい方があれば差し上げるのでメールを。

(これまで買い物をしたことがある方に限らせていただきます)

送料はいただくので、ご承知おきください。

底のサイズ29×15センチ、脇の高さ23.5センチ。

 

ヤシの仲間の葉を編んだバッグで内側は布張り、ポケットつき。

 

口の部分に1か所小さい傷がある。

 

春の陽射しはまだ奥まで差し込み、まぶしくて目を細めるタック。

| hirao | 08:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
インドの工芸品スカーフ

久しぶりにSHOPに商品をアップしました。

 

しばらく出せるくらいの商品を買い入れてきた。

しかし安易な残りものアップに慣れてしまったため、ちと面倒で。

 

sold out

インドの伝統的なペズリー柄を細かく織り出したウールショール。

 

染めじゃなく、織りなんですよ!

おそらくインドカシミール地方のもの。

 

幅105センチ、房を含まない長さ204センチ。6000円。

 

 

平織りのウール地にクロスステッチを施したショールで房は絹。

手間をかけた工芸品で、これもおそらくインド製。

 

幅78センチ、房を含まない長さ191センチ。

 

これらは収集家のところからまとめて出たものだろう。

4000円。

 

 

トラサルディの厚手ウールスカーフで130.5×132.5センチの大判サイズ。

 

使用感があります。

 

3000円。→2000円。

使用感が最初の印象よりあっため値下げ。

 

 

SHOPに出さない布は一緒に買い入れたもの。

これも収集品の1つかと。

ネパール?の布で、絹かと思うけれど、少し混ぜ物があるかもしれない。

幅49.6センチ、長さ297センチ。

 

1000円。

| hirao | 09:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

Profile

SHOP蔵の中

・世田谷区松原5-20-17
・TEL:03-3324-6778
SHOPはこちらからお入りください。

営業日
・ほぼ毎日開店
 ただし豪雨、豪雪の日は閉店
・時間 10:30-18:30
(30分くらい前後する日もあります)
ACCESS
・京王線明大前より徒歩10分
・井の頭線東松原より徒歩7分
・世田谷線松原より徒歩9分
・小田急線梅が丘より徒歩11分
地図はこちらからダウンロードを。
PDFファイル610KBです。

メールはこちら

お問合せは、
電話またはメールにてどうぞ。

ショッピングカートについて

環境により、レジまで進めない方が
少なからずおられます。
その場合は、SHOPを別窓
(新規ウィンドウ)で開いてください。 それでもだめな場合は、お手数ですが
電話またはメールでお問合せください。
近々修正するつもりではおりますが...。

店主紹介

平尾健二(ひらおけんじ)
東京都出身。多摩美術大学卒業後
積水化学工業デザイン部門に勤務。
古民家を入手し
別荘として改築したことで、
日本の文化、古民具に目覚める。
民家の移築建築相談承ります。
古建具や建材の在庫あります。

nakanohito

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode