Page: 1/434   >>
冷える朝のタック

明日はきものを何か出そうと思うが、今日は猫だけ。

こんな記事にたくさんアクセスいただいて申し訳ない。

 

いないなあ。朝からタック、どこで眠っているのかと見回したら、

暖房の風が当たる場所をよく知っている。

 

朝日が当たる場所もよく知っている。

 

昨日電車に乗ったら、また席を譲られてしまった。

見ると私とあまり違わない年齢のおばさんじゃないか。

(というのは主観で、実際は10歳くらい違ったかも)

私そんなに老け込んでました??

ジーンズと普通にジャケットだったし、背中も丸まってはいなかったはず。

はあ〜とショックだったが、逆らわず素直に礼を言って座った。

| hirao | 09:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
冷たい空気の朝

山間の地では薄氷が張っていそう。

今日も用事で早めに出るから猫でごまかそう。

 

暖房を入れたとたん、高いところに移動しだしたタック。

 

これから出るのだが、まだダウンは早いような気がする。

厚手のロングジャケットで出ることにした。

それにしてもマックスマーラのダウンコートに穴を開けた悔やまれる。

つまらない話題でした。すみません。

| hirao | 08:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ティファニーのモカカップ

「今朝は大霜だ」との母親の声で

ふとんからいやいや抜け出した昔を思い出した今朝。

 

寒さでかじかんだような草もみじを踏みながら登校した。

 

昨日から暖房を入れた。昨日から浴室暖房も入れた。

モーター音が嫌いなタック、こわごわ浴室に来てすぐに出ていった。

 

ぬくぬくのソファの3匹。

 

今朝は「コンビーフと野菜の炒めが食べたい」とのリクエストで、

水菜、しいたけ、コンビーフの炒め、しょう油味。

私は脂っこいものを朝から食べたくないからパス。

炊きたてご飯でしか作らない卵かけご飯と野沢菜漬け物で。

 

今朝もモカカップ。昨日のと今朝のは、10日くらいでSHOPから消します。

ティファニーのモカカップで箱つき(箱は汚れあり)。

 

口径6.1センチ、高さ6.2センチ。

 

 

4000円。

| hirao | 08:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
リモージュのモカカップ、アールデコのコーヒーカップ

いちだんと冷える朝。ベランダに出たタックがあわてて戻ってきました。

 

ソファにホットマットを敷いたので、ぬくぬくな店主とマルコ。

 

今日は私物です。

リモージュのモカカップで2回程度使用の美品。

 

白に銀のライン。口径6センチ、高さ5.9センチ。

 

リモージュはアビランドの製品。2客4500円。

 

 

日本製アールデコのコーヒーカップで、デッドストックを購入後数度使用。

 

口径9.2センチ、高さ6.5センチ。

 

2客2000円。高すぎたかなと2時間後1500円に値下げ。

| hirao | 09:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
明治の印判小皿。盃台

のんびりしていたら時間がなくなったので駆け足で。

 

sold out

明治の印判小皿9枚。

 

直径11.2センチ、高さ1.4センチ。花の裏側を描いたデザイン。

 

9枚3000円。

 

 

SHOPに出さない盃台。

直径9.3センチ、高さ5.4センチ。

 

上から見ると桜の花。

 

手描きです。

 

見えにくいがニュウがあるので1000円。

 

 

猫番組を観るマルコと、

 

小鳥だかを見張るタック。

| hirao | 07:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
明治手描き扇面皿、印判中鉢

今朝の空気は冷たくて、冬来れりの感。

この1年もあっという間に過ぎつつある。

私の場合、あらゆる意味で成果もなく、というのを付け加えておこう。

 

sold out

明治の手描き扇面中皿。

 

26.2×13.8(中心11.2センチ)×高さ3.4センチ。

 

卵焼きなどちょっとした料理が映えます。

 

2500円。

 

 

sold out

明治の印判中鉢。

 

直径21.3センチ、高さ6.7センチ。

 

小人数の家族にも使いやすいと思う。2000円。

 

政府はデフレ脱却にやっきになっているけれど、

成功しているとはいいがたい。

とはいえ、いっきにインフレ→ハイパーインフレでは庶民は振り回されるばかり。

 

なぜデフレという言葉を想起したかと言うと、

骨董の価格下落がいつまでも続いている。

20〜40年ほど前は上の鉢でも7000〜8000円くらいしたはずだ。

上のは雑器だが、そうでない骨董はさらに値下がり具合が大きくて、

「安くなったなあ」と昔から骨董を扱う業者の間から嘆息が出る。

いつか値上がりしだすだろうが、それは他のものが値上がりした後になるのかもしれない。

| hirao | 09:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
明治の小どんぶり

一昨日の市で、会津からのウブ出し骨董品がたくさん出た。

会津塗りの職人が使っていたとおぼしき家具や工具のほか、

明治の陶器がたくさん。

ほこりをかぶったままのそれはとても人気で、それでも

1つの荷だけは買えたので(高くて買えない)、

昨日はそれをきれいにする作業をした。

 

今日はそれの一端を。

 

明治の印判蓋つき小どんぶり。

 

口径12.7センチ、高さ6.6センチ。

 

外側唐子、見込みは麒麟。

 

蓋は皿として使うことができる。

 

ただのお茶漬けがよそいきに。ごちそうどんぶりにも。

使い勝手がいい大きさです。5客3500円。

| hirao | 07:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
九谷焼輪花中皿揃い

昨日は市に行ったのだが、あまり収穫はなかった。

今日の九谷の皿と、明治印判の器を少々買っただけ。

売りがあったため、そちらで忙しかったのもあるが、

女性が好みそうなおしゃれ小物や和服は出なかった。

 

綿に包まれて大切に保管されていた九谷焼中皿5枚揃い。

 

直径20.7センチ、高さ3.5センチ。

 

正月の取り皿にいかが。共箱あり。

 

九谷光仙の作。

 

 

13000円。

 

昨日のグッチスカーフ、SHOPの在庫が0になっていた。

急いでいたから間違ったかな?

修正しました。ご注文になれます!

| hirao | 08:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
グッチの絹スカーフ

sold out

グッチの絹スカーフ88×86センチ。

 

絹の状態はよいが白場に汚れがあるので3500円。

 

エルメスもグッチも、馬具から出発したメーカーだが、

グッチのは馬具柄が多い。これもそう。

 

これらが何なのか、今ならわかる。

 

 

 

今朝の日経新聞文化面に、昔少し知っていた人が出ていた。

「自分が好きなものに時代が追いついてくる」

 

若いころはそんな感覚もあったが、今は皆無だし、

そもそもそういうことを考えもしない。

「今」という時代が読みにくいのか、自分が年を取りすぎたのか。

まあ、両方なんだろうし、今、先のことは考えたくもない。

考えたって加計学園は認可されてしまうし、憲法も変えられてしまいそうだし。

 

昨日、朝抜きたてという大根を買い、店主の好物、すじ肉との煮込みを作った。

店主「すごくうまい」。私もおいしいと思った。

いつもと作り方はそう変わらない。有機野菜の鮮度のおいしさだったのかしら。

| hirao | 06:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
つづれの帯

古典的な柄のつづれ帯。

 

使用感はあるが、出る部分に気になるほどの汚れはない(主観ですが)。

 

前部分。

 

現在では作られないであろう上質のもの。

幅31.5センチ、長さ413センチ。9000円。

 

 

昨日は朝から掃除、商品の発送準備と忙しくて(気分は走っていた)、

夕方になって、やっと松永さんの個展に行く。

日曜日の夜とて、渋谷は人が多い。

若いころ夜の街を遊ぶなんて経験はなかったなあ。そんな余裕もいろいろとなかった。

 

個展は、ウールの絣織りマフラーや袋物など魅力のあるものがほぼ完売。

手織りでこの値段?と惹かれたけれど、普段から商品に囲まれているから買わないで帰る。

 

アンコウ鍋の準備をして出たので、すぐに用意。

店主はご飯だけを適当に食べて鍋を待っていた。

自分でやってくれてもいいんだけど!

| hirao | 06:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Profile

SHOP蔵の中

・世田谷区松原5-20-17
・TEL:03-3324-6778
SHOPはこちらからお入りください。

営業日
・ほぼ毎日開店
 ただし豪雨、豪雪の日は閉店
・時間 10:30-18:30
(30分くらい前後する日もあります)
ACCESS
・京王線明大前より徒歩10分
・井の頭線東松原より徒歩7分
・世田谷線松原より徒歩9分
・小田急線梅が丘より徒歩11分
地図はこちらからダウンロードを。
PDFファイル610KBです。

メールはこちら

お問合せは、
電話またはメールにてどうぞ。

ショッピングカートについて

環境により、レジまで進めない方が
少なからずおられます。
その場合は、SHOPを別窓
(新規ウィンドウ)で開いてください。 それでもだめな場合は、お手数ですが
電話またはメールでお問合せください。
近々修正するつもりではおりますが...。

店主紹介

平尾健二(ひらおけんじ)
東京都出身。多摩美術大学卒業後
積水化学工業デザイン部門に勤務。
古民家を入手し
別荘として改築したことで、
日本の文化、古民具に目覚める。
民家の移築建築相談承ります。
古建具や建材の在庫あります。

nakanohito

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode