Page: 1/452   >>
蒔絵楕円組み盆

今日はお客さまがみえる日だから、

昨日からシチュー肉の仕込みをしている。

 

約1キロ。これから赤ワインに漬け込むわけだ。

フォン・ド・ボーから作るシチューは久しぶりだ。

昨日のうちにすね肉を使ったフォン・ド・ボーは作り、今漉している最中。

 

今日は入れ子楕円盆を。

 

昔の嫁入り道具だったようで、たいへん美しいつくりだが、残念な事に傷がある。

 

きれいに入れ子になる。

 

大は33.5×21.5×高さ1.9センチ。

 

小の傷。

 

大は外れている。

 

1500円。

 

自分で修復できなくはないが、手間をかけてやっても、使わないかもしれないし、

なにより昔購入した漆盆がたくさんある。

蒔絵の品質がよいので惜しくて。

| hirao | 09:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Diary

暑いのが続くと不思議にも思わないが、まだ5月。

昔は5月はもっと爽やかな日が多かったように記憶しているのだが。

 

花は季節を(あまり)違わず、今、初夏の白い花々が咲いている。

もう少し季節がすすむと緑は猛々しさを増し、

「緑陰」という言葉が似つかわしくなくなる。

 

陽射しは程よいのに、外に出たタックは私の姿を見ると急いで戻ってきた。

今はハウスの中で眠っている。中年猫になっちゃったのねえ。

 

マルコは昨夜私の横に眠る。猫ごたつはありがた迷惑である。

 

昨日乗ったのはちょっと難しい馬だった。

怖さが先に立ち、緊張気味に乗っていたら、先生から

「馬が緊張しているから(緊張しやすい馬だ)手ではなく身体を使って」と声をかけられる。

 

身体の力を意識して抜くと、馬が柔軟になったのが体感される。

こうやって馬のジャマをしながら乗っているんだとわかっていても、
結局最後は緊張が戻ってしまい、うまく乗れなかった。
自分にもっと自信があれば、緊張もせずうまくいくのだ。
予備知識がなくて乗ったなら、難しい馬もそこそここなせるのに、
難しいと聞いたとたんダメになる。
ほんの微妙な乗り手の意識や姿勢が結果を出す、そこに乗馬の難しさと面白さがある。
| hirao | 08:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
モンゴル力士

今場所の相撲は盛り上がっている。

自分は店主が観るのをたまにちらっと目にする程度だけど。


私は馬でモンゴルにお世話になっているし

モンゴルの人たちも好きだからモンゴル力士びいきだ。


店主は栃の心を応援しており、昨夜の白鵬栃の心対決は火花が散った。
栃の心が勝って喜ぶ店主に「明日の朝食はなしな」
「ご飯があるからおにぎりにするからいいもん」と店主。


明日(今朝)私は早く出かけるからおにぎりを作ってやるか。

やっと体調、ほぼ本調子になった。

 

しかし観衆が日本人力士をひいきにしすぎるのが気になる。
声援の数があからさまに違う。
特にモンゴル力士に冷たいと感じる。黄色人種同士の近親憎悪というヤツかしら。
異国でがんばって成績をあげているんだから、もう少し平等にしたほうがいいのにと思う。

 

パソコンの光で撮影した18時58分のタック。
太陽光に近い色なんだ。
手ぶれさえ気をつければ、デジタルカメラは明るすぎより暗い方がよく撮れる。

| hirao | 06:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スコットランド製ベレー帽

タックがいないとリビングを見回したら、

いちばん日当りがいいところでくつろいでいた。

私が立てた物音に、耳だけがこちらを向いている。

 

今は爽やかだが、今日は暑くなりそうです。

 

昨夜はニュースで怒り心頭。政界もスポーツ界もタヌキ共が世をはばかる。
籠池さんにしゃべられてもかまわない状況になったから(文書が出てきたし)釈放するわけですね。

わかります。
異例の長期勾留だったけど。
日本はなんて国になったんだ。

 

スコットランド製本格的なベレー帽で色は紺色。

 

Mサイズ。

 

 

1500円。

 

ベレー帽は人を選ぶ帽子だ。日本人には少しむずかしいかな。

 

明日から出すものがない。数日めぼしいものは出ないと思ってください。

 

そういえば、昨日ATMに行ったら、

入り口に「防犯」の腕章をつけた男性がいて声をかけられた。
「こんにちは。警察ですが、不審な電話などありませんか」「市役所からとか」
「大丈夫です(笑)。ありませんよ」

お仕事ご苦労さまです。

| hirao | 07:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
未使用の男性用博多帯と腰紐

今日から日常の生活にもどそうと決心。

ぐずぐず長引いていた風邪もそろそろ終盤ぽい。

馬には乗れても掃除はできないのだ(笑)。

 

未使用男性用博多帯。女性が浴衣にきりっとしめてもすてき。

 

幅10.9センチ、長さ394センチ。モスリンの未使用白腰紐も一緒に。

3000円。

 

このところ思うこと。

セクハラに対する男どもの見解が実に腹立たしい。
若いころ電車でチカンにあい、ソヤツを怒鳴りつけたら

薄ら笑って「すごいな」と言われたのは、今思い返しても腹がたつ。
ソヤツらは露ほども悪いと思っていないのである。

あの黒ずんだブサイク顔は忘れられない。

| hirao | 08:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
鈴木時代裂研究所の袋帯

京都の鈴木時代裂研究所のたとうに入った袋帯を。

古典的な格調高い柄ゆきの2点です。

 

一度軽くしめてみた、というほどの程度のよい袋帯。

 

礼装にも向く柄の高級品。

 

裏は金通し。

 

幅30.9センチ、長さ447センチ。

 

 

残布と、昭和62年発行55万円の領収書が箱の底に。

9000円。

 

 

sold out

横段唐草模様未使用の袋帯。

 

お茶席などによさそう。幅30.4センチ、長さ445センチ。

 

7000円。

 

 

披露宴でいただいた花がまだ元気。

サルトリイバラの仲間、まではわかっているのに名前が思い出せない、

そうだスマイラックスを猫が好きで、マルコもタックもかじって短くしてくれた。

 

午後の日差しを浴びる昨日のタック。

 

 

安倍内閣の支持率が上昇!? この内閣を支持している人たちって何を考えているんだろう。
「安倍さんはいい人ですよ」と言った人がいた。
うん、それは否定しない。で、いい人だから「いいともいいとも」で

友人の要求を後押しとかやっちゃったわけね。

また回りのたいこもちが背中を押したりして。

 

政治家には徳や理想を要求しても善人であることを要求しないなあ。少なくとも私は。

| hirao | 08:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ガラスいろいろ

低めのアイスクリームカップで、花の彫りが入っています。2客まとめて。

 

口径8.4センチ、高さ7.5センチ。2点1500円。

 

 

sold out

HOYA製フルートグラス。

 

口径5.1センチ、高さ21.2センチ。2客1000円。

 

 

高さがある花を生けるのに必須な丈高いガラス花瓶。

 

大は口径19.7センチ、高さ41.8センチ。

小は口径12.9センチ、高さ25.3センチ。

 

大は口に傷があり、小は底に取り切れていない汚れが。

1点2000円。入れ子にできます。

 

昨日は花瓶の画像をPhotoshopでweb用に加工していたとき、

突然パソコンがフリーズしたのだった。

昔は多少のコマンドは覚えていて、とっさのときに使えたのだが、

すっかり忘れた。

 

あたふたする私を悠然とながめていたタック。

 

| hirao | 07:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
べっ甲シガーケース、翡翠?かんざし、ハットピン

sold out

べっ甲のシガーケース。

 

虫食いもなく、未使用と思われるきれいな状態。

9.8×8.7×厚み0.9センチ。名刺入れなどにも。

 

古い三越の箱入りだが、微妙にサイズが合わない。本来の箱なのか?

3000円。

 

 

古い翡翠?のかんざし。保証はできません。

 

珠の直径1.6センチ。金具の部分は古びているので磨いて。

これも古い箱入り。3000円。

 

 

cはsold

ハットピンを1点ずつ販売。

 

aは長さ9.3センチ、

 

bは12.5センチ、

 

cは8.1センチ。各700円。

 

 

コピーちゃんが使っていたハウスを洗って置いていたらタックが入っていた。

ご入居まで時間がかかったのは、チェストの上に置いていたから。床に下ろしたとたんに入る。

 

わりと気に入ったみたい。

| hirao | 07:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
今日も帽子(これで最後)

昨日は結局馬に行った。乗っているときは集中してアドレナリン効果もあり、

風邪のことは忘れていたが、下馬したとたん、立っているのもしんどいほどに。

前日あまり食べてもいなかったから無理もないか。

 

でもそれが後を引くということもなく、

「やっぱり楽しいことに集中するのって大事」との感想を抱く。

そしたら今朝の日経新聞に、同じ効果を語る記事(春秋)が。

「社会的処方」と呼び、薬でなく社会的活動を促す試みだそうだ。

ま、自分の場合、好きなことをこじつけただけのような気もするが。

 

NHKの大阪支局で森友問題を積極的に取材していた中堅記者が窓際に追いやられたそうだ。

こういうのが常態化して社会全体が萎縮してしまいそうなのが、なんともやるせないしもどかしい。

 

今日は帽子の残りをまとめて出しました。

風邪でまだ頭も身体もよく回らないから時間がかかった。

どれも未使用かなと思える状態。

 

sold out

西ドイツ製高級フェルト帽子。

 

同系色サテンリボンと造花つき。トップは浅め。

 

サイズ57〜58センチくらい(Mサイズ)。

 

3000円。

 

 

神戸MaXim販売で帽体はたぶんチェコ製。

 

ベルベットの幅広リボンがおしゃれ。トップは浅め。

 

サイズ59〜60センチくらい(Lサイズ)。

未使用な感じだがトップに少しへこんだ部分が(かぶると無関係)。

 

3000円。

 

 

sold out

黒毛足のあるフェルト帽体にモワレタフタのリボン。

 

高級感のある帽子です。

 

トップは浅め。

 

サイズ58センチくらい(Mサイズ)。3000円。

 

 

sold out

黒フェルト帽子でブリムに金色レース、

 

チュールとサテンのリボン。

 

スイス製。トップは浅め。

 

サイズ58(Mサイズ)。

 

1500円。

 

 

黒フェルト帽子でベル型。

 

深いトップにアシンメトリーなステッチ。イタリア製。

 

サイズ56〜57くらい(小さめMサイズ)。

トップが深いので身長がある方におすすめ。1500円。

これも女優のような雰囲気がある帽子。

 

 

この数日の暑さに猫もだれている。

 

 

タックも若い頃はもっと走り回っていたのだけど。

| hirao | 09:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
フェルト帽子続き

昨日は寝込みはしなかったが、1日パーソナルチェアに沈みこんで過ごす。

今日は馬を1つだけ予約しているのだが、行こうか行くまいか迷い中。

今日のはハードな種目ではないからなんとかなるかもなあと考えながら

馬に与えるにんじんを切っていたら、少し元気が出てきた気がする。

しかし騎乗中に咳の発作が起きたら、とか心配も。

 

今日も帽子の続き。とても高級な帽子ばかりだ。

まだあるので、明日も帽子を出す予定。D様、まだいいですからね(笑)。

 

MAYSER(マイゼルまたはメイサー)のドイツ製高級婦人帽子。

保管時にへこんだかところができているが、かぶると解消される。

 

ベージュフェルトに茶系のリボン。サイズは56〜57センチ(やや小さめMサイズ)。

 

表はきれいだが、サイズリボンにしみがあります。3000円。

 

 

グレ−に同系色のリボンのフランス製高級フェルト帽子。

 

 

サイズは58センチくらい(やや大きめMサイズ)。3000円。

 

 

sold out

白いフェルトに紺色のヘリンボーンをプリントした、とても凝った帽子。

おそらくフランス製か。

 

グログランリボンにも細かい技が使われている。

 

シミが数か所あるので1000円に。かぶればあまり気にならないと思う。

 

サイズは57センチくらい(Mサイズ)。

| hirao | 07:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

Profile

SHOP蔵の中

・世田谷区松原5-20-17
・TEL:03-3324-6778
SHOPはこちらからお入りください。

営業日
・ほぼ毎日開店
 ただし豪雨、豪雪の日は閉店
・時間 10:30-18:30
(30分くらい前後する日もあります)
ACCESS
・京王線明大前より徒歩10分
・井の頭線東松原より徒歩7分
・世田谷線松原より徒歩9分
・小田急線梅が丘より徒歩11分
地図はこちらからダウンロードを。
PDFファイル610KBです。

メールはこちら

お問合せは、
電話またはメールにてどうぞ。

ショッピングカートについて

環境により、レジまで進めない方が
少なからずおられます。
その場合は、SHOPを別窓
(新規ウィンドウ)で開いてください。 それでもだめな場合は、お手数ですが
電話またはメールでお問合せください。
近々修正するつもりではおりますが...。

店主紹介

平尾健二(ひらおけんじ)
東京都出身。多摩美術大学卒業後
積水化学工業デザイン部門に勤務。
古民家を入手し
別荘として改築したことで、
日本の文化、古民具に目覚める。
民家の移築建築相談承ります。
古建具や建材の在庫あります。

nakanohito

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode