Page: 1/403   >>
ロイヤルダルトンの皿、今右衛門の皿、ポップアップ絵本

昨日出かけるのに、ユニクロの極暖下着を上下に着込んで行ったら、

出先で「着ぶくれていますね」と言われた。

あ、やっぱわかります?

 

めったに出さない極厚のカシミヤセーターを出したところ、虫食いを発見。

私の怠慢ではあるが、リタイヤした今となっては買えない高額品だからくやしい。

洋服はきりがない(何枚あってもたりない気がする)から、

高価な物を買わなくなったし。

そんな人が多いようで、アパレル業界はたいへんと、またニュースになっていた。


sold out

英国ロイヤルダルトンの皿2枚を2500円で。

店に1枚3000円で置いていた。

 

27.1×24.1×高さ1.8センチ。

 

 

 

今泉今右衛門の皿。箱などはありません。

 

直径12.7センチ、高さ2.2センチ。2000円。

当代は人間国宝になったと聞いた。

これは先代のかな。

 

 

ポップアップ絵本『SPACE CRAFT』。

 

宇宙船の構造などが図解されていて興味深い。

 

2000年ブルガリアで発刊。30×22.4×背の厚み3.2センチ。2000円。

 

SHOPに出さないジノリの小皿。

前も出したと思うけれど、1000円であらためて。

 

直径11.2センチ。ナッツを入れたり、ティーバッグを入れたり、用途は広い。

 


いやあ、今朝もじゃまでした。

 

| hirao | 08:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
昔の高蒔絵漆椀

私物です。

 

これも昔おつきあいで買い、使わなかったもの。

sold out

海松(みる)色というのか、濃色の緑に高蒔絵。

 

昔の極上漆椀です。

 

口径12.9センチ、高さ5.5センチ。

 

1客の口に小傷がある。

 

2点1500円。SHOPには出しません。

 

もう1点、漆椀を撮影したのだけど、

1点くらいは来年の私のお雑煮用にしようとまた引っ込める。

まだ生きているんだし。

 

店主が相撲好きで、私も観ることがあるが、

行司の衣裳が美しく、所作もこれぞ日本の美と言いたくなる美しさ。

相撲でなく、行司を観てしまうことがあるほどだ。

 

もうじき21歳のコピーちゃん。すっかりやせた。

 

あまり鳴くのでソファに連れて来たら少し落ち着き、

また自分の場所に戻っていった。

 

これはマルコ。

| hirao | 09:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
白泥釉長手皿、備前長手皿、漆豆皿

日本中寒波におおわれているようで、今朝はことさら冷えます。

去年はこんなにも寒い日はなかったように記憶しているのだけど?

 

昨日ホットマットをソファに敷いた。

猫たち大満足。

 

店主も満足。

 

昨日は寒い中スーパーマーケットに。

「大根のあれがまた食べたい」と店主が言う。
豚バラ肉と大根をこっくりと煮込んだのが気に入ったそうだ。

それは2日がかりになるから、今夜はカキフライだと、大粒をカートに入れる。
すると「おでんも食べたい」まあいいだろう。材料を買う。


駅弁フェアをやっていた。
新宿京王デパートで同じフェアをしているが、

企画会社から、商品がここにもついでに来ているのかしら。
駅弁好きの店主、欲しそうだから好みのを取らせた。

タックの生たらも買う。


結局昨日の昼食、店主は駅弁、私は一昨日のアンコウ鍋の残り。

猫4つ、人1つで、エンゲル係数が跳ね上がる。

 

おでんを煮込み、豚スペアリブをスパイスで下煮。

台所仕事と掃除で1日が終わった。


換気扇を使っていても、料理のにおいが家にたちこめる。
あたたかいこの香り、寒い時期はことさらしたわしく感じられる。
水と火を自由に使うことができる環境に感謝するばかりだ。

 

今日も私物です。

sold out

ギャラリーで購入した作家物(名前失念)白泥釉の長手皿。

購入後一度だけ使用。

 

23×10.3×高さ3.1センチ。

口取りを盛り合わせたり、鮎などの焼き魚を盛るときれい。

 

2000円。

 

 

おつきあいで買った未使用の作家物備前焼長手皿。

「使わないだろう」と思って買ったが、やはり使わなかった。

 

19.7×11.8×高さ3.5センチ。

 

里芋などの煮物を盛りつけても斬新な感じ。2000円。

 

 

sold out

古物の漆豆皿(直径8.4センチ、高さ1.65センチ)10枚と

漆小皿(直径10センチ、高さ1.7センチ)1枚のセット。

 

会席膳の中にセットするにも重宝。

豆の煮物や佃煮をちょこんと盛っても。

 

セット1500円。

 

マルコの寝姿。天地がわからない。

 

ムートンの間からちょこんと鼻がのぞいていた。

| hirao | 08:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
編目模様豆皿

空気の冷たさにふとんから出たくなかった今朝。

 

に、しても朝からこの2匹。

 

タックはいつもの位置。

 

朝食はしょう油味のオムレツと栗おこわのワンプレートでした。

 

 

sold out

手描き編目模様は人気の柄で、どんな食べ物も似合う。

 

これは直径9センチ、高さ2センチの輪花豆皿。

 

8枚2000円。

| hirao | 08:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
使いやすい大きさの錦手中皿

ふとんの中にいて、顔に冷気を感じた。

 

いつもは外に出たがるタックも暖かいところでちんまり。

 

出すものを思いつかなくなって店をのぞくと、

数年前からある、この錦手の中皿が目についた。

 

sold out

1枚2800円の値札がついているから売れなかったのね。

この際原価とか考えないで、6枚5000円にしよう。

 

明治末から大正の錦手中皿。2セットあります。

 

直径18.4センチ、高さ2.8センチの使いがってのいい大きさ。

 

無傷と思ったが、1枚の高台に小傷があった。

 

ベランダにおいた段ボール箱の中に、新聞紙に包んだ野菜をストックしている。

白菜とかキャベツとか。

いつからか、鳥(たぶんカラス)に目をつけられたらしい。

正月用に買ったくわいの大半がかじられていて気づいた。

鳥も選ぶようで、白菜は無傷、キャベツはほんのちょっぴり、

餅は頑丈な袋に穴を開けてまで食べている。もちろん冷蔵庫に移動した。

| hirao | 08:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
イタリア製絹ジャケット

今日出すものもアンティークではない。

(アンティークになりかけの私のものだけど、ね)

 

伊勢丹が輸入販売したイタリア製絹黒ジャケット。一度だけ着用。

 

サイズは42(日本の9号程度)で、

身幅45センチ、裄74.5センチ、着丈71センチ。

 

くるみボタンにウエストを絞った美しいシルエット。

 

しまいっぱなしだったのでしわはご容赦を。

 

帽子を合わせてみて、「もう一度着ようか」な気分にならなくもないが、

やはり出すことにした。3000円。

 

 

今朝私の膝にはタックが。

 

回り込んだマルコが右から膝に侵入し、

 

マルコに入れ替わるという、小さないさかいがありました。

| hirao | 08:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
アジアの絹絣ブラウス

アジアの絹絣のブラウス。

ちょっと貴重な手織りの絣だ。国は忘れた。

 

日本のデザイナーの1点ものでフリーサイズ。

 

身幅5305センチ、裄75センチ、着丈51センチ。

 

ボタンは角製だが、1つ一部欠けている。2500円。

 


今朝はいちだんと冷える。マルコは室内でぬくぬくだが、

ベランダに出たタックもすぐに帰ってくるように。

 

ところで、正月明け5日から、携帯電話に

またおびただしい迷惑メールが入るようになった。

 

たいていは「ばかみたい。だれがそんなのにひっかかる」な内容だけど、

なかなか巧妙なものもあり、携帯電話キャリアを装い、

「通信速度を制限しました。戻すにはこちら」「メッセージを預かっています」

「契約内容更新のお知らせ」などと、

添付のURLを開かせようとする。

しかし、致命的なのは、発信元まで偽装できていないところだ。

でも、これではひっかかる人もいるかもしれない。

みなさまもくれぐれもお気をつけて。

| hirao | 08:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
今日はタック猫の画像だけ

室内深くまで射し込む冬の陽を浴びてうっとりするタック。

冷蔵庫に手をついて立ち上がり、

「ここ、ここに入っているでしょ。あれをちょうだい」

右手でドアをトントンたたきます。

 

いつも入っているとは限らないから「ごめんね今はないの」

納得できなく、1日何度も冷蔵庫のところに行く。

 

今は生たらが入っている。けっこう高いんだぞ。

 

出すものを思いつかないから、今日は猫画像だけ。

| hirao | 07:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
フードセーバー

別荘から持ち帰ったものの1つ。

 

sold out

食品を真空パックする「フードセーバー」だ。

「どうしてこれがあるの?」

驚いたのは、かねがねほしいと思っていたもので、何度か買いかけたことがあるから。

「○○さん(親しくしている企業経営者)からもらった」

いや、知らないよ。もらって、そのまま別荘に運んだわけ?

あるのを知っていれば、使いたいシーンは何度もあった。

 

そういうことをするから別荘がゴミだらけに、だから片付けに私の蓄えが、

と、エンドレスな繰り言になりそうなのを我慢し、

でも売る気持ちにもなれず、しばらくおいていた。

 

型式VAC-300で少し古いが未使用で、

 

ロール2点も完備。

箱(50.5×19.7×8.7)は汚れている。

 

5000円で売れたら売ろう。

手元に置けばまた使う機会もあろうかと。

肉や魚の保存と品質保持に。

 

 

ところで先日出したこのかごの漆板を、漆磨きできれいにしたら、

sold out

斜子塗りがとてもきれいに輝きだした。

出す前に磨くべきなのに、いつもこれだ。

| hirao | 08:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
革底の未使用紳士靴サイズ26

今朝は冷える。

マルコが膝にやってくるのは暖をとるため。

そうそう座っておれないので、椅子をマルコに譲って

コーヒーを飲み終えた私は立ち上がる。

 

幅が広いです。

 

今日は預かってきた紳士靴を1点だけ。

 

革底の上等紳士靴、未使用。made in Mexico。

サイズ41(日本のサイズでは26センチ)、

 

一見大きいが、つま先が尖ったスタイルゆえ。

 

未使用だが展示されていたもののため、小傷がある。4000円で。

 

 

なにを考えたか店主が別荘から数冊の本を持って帰っていた。

私が昔読んだものを店主がじゃまにして別荘に運んだのだった。

 

その中に本多勝一の『憧憬のヒマラヤ』という文庫本があった。

ああこれ、35年くらい前に読んですごくおもしろかったのだ。

しかしながら、「すごくおもしろかった」記憶だけがあって、

内容をまるで覚えていないのに愕然。

またボチボチ、おもしろく読み進めている。

写真も入っているのだが、いかに辺境の地とはいえ、今はすごく変わっているだろう。

 

昔はいい本をたくさん読んでいたんだ。

書店でパラパラと内容をつかんでレジに持って行く。

「読む」というだけが目的のその行為は、ネットで目的を持って買うのとは別物だ。

 

今は書店でお手軽なのしか手に取らなくなった。

昔より今のほうが時間がない。

 

馬友達に

「なんの展望もない乗馬に大金と多大な時間を費やすのはどうかと思うことがある」

ともらしたら、「楽しく運動できるんだもの」「ジムなんて楽しくないし」

きっぱりした返事が帰ってきた。

そうだね。歳とった今がいいと思えるのはこの趣味のおかげだ。

人生はおおむね楽しい事より苦しい事の方が多かった。選べる今をよしとしよう。

あとはどうなときゃあなろたい♪

| hirao | 08:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< January 2017 >>

Profile

SHOP蔵の中

・世田谷区松原5-20-17
・TEL:03-3324-6778
SHOPはこちらからお入りください。

営業日
・ほぼ毎日開店
 ただし豪雨、豪雪の日は閉店
・時間 10:30-18:30
(30分くらい前後する日もあります)
ACCESS
・京王線明大前より徒歩10分
・井の頭線東松原より徒歩7分
・世田谷線松原より徒歩9分
・小田急線梅が丘より徒歩11分
地図はこちらからダウンロードを。
PDFファイル610KBです。

メールはこちら

お問合せは、
電話またはメールにてどうぞ。

ショッピングカートについて

環境により、レジまで進めない方が
少なからずおられます。
その場合は、SHOPを別窓
(新規ウィンドウ)で開いてください。 それでもだめな場合は、お手数ですが
電話またはメールでお問合せください。
近々修正するつもりではおりますが...。

店主紹介

平尾健二(ひらおけんじ)
東京都出身。多摩美術大学卒業後
積水化学工業デザイン部門に勤務。
古民家を入手し
別荘として改築したことで、
日本の文化、古民具に目覚める。
民家の移築建築相談承ります。
古建具や建材の在庫あります。

nakanohito

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode