Page: 1/80   >>
皇居の菖蒲

昨朝支度をしながら「皇居に行ってくる」と言ったら店主「え?」。

 

陛下に拝謁に

 

 

 

ではもちろんない。

宮内庁で働く人に案内してもらい、普通は行かれないところも見せていただいた。

 

昭和天皇が乗られてからは誰も乗っていない第一儀装車。

 


皇太子殿下婚礼の際も使われた第二儀装車。

 

ちなみに第四儀装車まであり、段々簡素になっていく。

 

昨日皇居内を走っていたこれは、上記に比べると「普通車」。

宮内庁儀式の神官が乗った帰り道だそうで、人は乗っていなかった。

 

第一儀装車は6頭立てで引く。第二儀装車は4頭立て。
「6頭立ては壮麗でしょうねえ」と言うと「それはもう」。

 

即位の礼では第一儀装車が使われるのか聞くと、

なんだか決まっていないような返答だった。

教えてくれた人は知らないのかもしれない。

 

馬車は明治時代(大正もあるかも?)に宮内庁で作られたとのこと。
それを大切に補修しながら使っているそうだ。
(今これを作る職人が日本にいないらしい)


塗装の漆は日本製だそうで、今一般に使われている中国製に比べて、
日本の漆は上質ではあるがたいへん高価。
小さいものにチマチマ塗るときも、日本の漆は特別のときにしか使わない。
そして艶が断然違うのである。

 

馬車馬はすごく大きい。写真ではわからないけれど、

サラブレッドの1.2倍くらい。
どのコも図体はでかいが人なつこくて、手を出すとペロペロなめてくれる。

 

一般の人も訪れる菖蒲園。
ヨーロッパ系の外国人が多かった。

 

自然が豊富に残る林間の散策はとても心安らぐ。
両陛下も、朝早く散策されることがあるそうだ。

 

お土産にもらった御料牧場牛乳。
こくと独特の香りがあっておいしかった。

| hirao | 07:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
油桐の花

帰省した際、沢沿いのあちこちにこの花が咲いていた。

 

油桐(アブラギリ)だ。

唐傘や雨合羽に使われた桐油(トウユ)はこの実から採取する。

油紙独特の匂いはこれの匂いかしら。

といっても、嗅いだことがある人はもはや少ないか。

 

中心が紅色がかった花はなかなか美しい。

実生の幼木もけっこう見かけたから繁殖力はありそうだ。

 

 

先だって出した「式部絵巻文様」7500円は明日他で売るので、

検討されている方は今日中にどうぞ。

 

大山鳴動してネズミ1匹出たか出ないか。米朝会談のあの空騒ぎはなんなの。

| hirao | 07:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
猫の舌

昨日は雨で馬をキャンセルしたので家の掃除。

掃除機をリビングに持ち込んだとたん、タックがダッシュで逃げていく。

なにがそんなにコワイかなあ。だからいつもはぞうきんで埃も取っているのだけど。

 

掃除機をかけ終わり、ぞうきんがけも終わって椅子に座ったらすぐにタックが戻ってきた。

舌をしまい忘れていますよ。

掃除ショックではないはず...。

| hirao | 08:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
イランイランの花

昨日行った植物園で、ちょうどイランイランの花が咲いていた。

 

タガログ語で「花の中の花」という意味で、花のエッセンスは

ほとんどの香水の原料に使われるそうだ。

 

帰りの航空便は満席だった。

金曜日の夜だから、家族の元に帰る人たちが多かったか。


年金生活になってからはエコノミー席に乗るようにしているが、
(店は趣味程度だから)
満席のとき、隣が暑苦しい男性だったりするとエコノミー席は不快だ。
老い先短いかもしれないから、エコノミーはやめようかと考えた。
はい、今回隣は暑苦しい短足のおじさんでした。

| hirao | 06:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
長府


緑深い長府の武家屋敷。


の、中にある桂月で昼食。








昼からたくさんいただいたのが夜まで響く。
粗食少食の日常なもので。


今の季節、どこも苔が美しい。

先日ネットで実家地元の地名があり、
「とても美しい人工湖がある」
幽玄な写真は、幽霊が出そうな美しさ。
「うせやろ」
30年前に行ったことがあるが、
石ころゴロゴロのつまらん水たまりだったはず。


ネットの写真ほどではないが、美しく変貌していた。



実家の季節の掛軸に


季節の花。


今年もちょっぴり稲の苗を植えたが、来年はもうやらないそうである。

猫も少し年老いて。


28年前から始まった蛍舟は盛況で、予約がなかなか取れないところ、
姉が取ってくれた。
年々蛍が増えている。
離農者が多くなり、荒地が増えるのと引き換えだけど。

携帯電話の写真はきれいになったが、
文章の推敲がしにくい。ではこれで。

| hirao | 06:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
東行庵の菖蒲
高杉晋作の墓がある東行庵。






河骨の花も。
| hirao | 06:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
数日留守にします

私は数日不在になります。

店主と猫はいるので、万一(笑)来店されてもほぼ大丈夫ですが。

 

猫の脚かわいい。

 

すごくじゃまだけど。

こうやって私にかまってもらうのが好きなのだ。今は腕枕で寝ている。

 

今日は関東も梅雨入りですかね。

梅雨は梅雨らしく、ほどほどに雨が降ったほうがよい。

 

梅の実と山椒の実が店頭に出回り、気にはなるが

東京の空気で梅干し作りはしたくないし、ちりめん山椒も私しか食べないし。

山椒昆布を作ったりもしたが、保存食は作る量が多いため、

片付けるのに汲々とする結果になる。

 

荷造りなどがしばらくできません。

メールの返事もまめにはできないかと思いますがご了承ください。

| hirao | 06:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
銅の卵焼き器

買ってよかったと思える調理器具はいくつかあるが、

銅の卵焼き器もその一つだ。

熱がむらなく渡り、卵焼きがきれいにできる。

 

うちのフライパンはそこらで売っている変哲もない鉄製だが、

40年以上使っている。

使い込んでいい感じになっていたのが、店主が牡蠣のバタ−炒めくらいは作り、

そのあと水を張って放置とかするので、とても使いづらい物になった。

都度、熱して油をなじませているが、なかなか元通りにならない。

 

以前イタリア人シェフが煙がもうもうと立つほどにフライパンを熱し、

貸しスタジオだったからスタッフが「何事ですか」ととんできた。

そこまで熱しないとだめなのだろうが、家庭ではちょっと怖い。

北陸の大火災もそれが原因だったし。

 

使い込んだといえば、紅筆も50年ものだ。

親に買ってもらい、たしか当時1200円(不確か)くらいで安くはなかった。

「ミンク毛でとてもいいものですよ」と化粧品店主が言っていたが、

さすがにがたついてきた。

今さら新しいものを買うのはいやだから、なんとかあと20年?はもたせたい。

もつだろうか。

 

というわけで本日はおしまい。

タックはだいたい日当りのいい場所をひまわりのように移動している。

| hirao | 06:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Diary

暑いのが続くと不思議にも思わないが、まだ5月。

昔は5月はもっと爽やかな日が多かったように記憶しているのだが。

 

花は季節を(あまり)違わず、今、初夏の白い花々が咲いている。

もう少し季節がすすむと緑は猛々しさを増し、

「緑陰」という言葉が似つかわしくなくなる。

 

陽射しは程よいのに、外に出たタックは私の姿を見ると急いで戻ってきた。

今はハウスの中で眠っている。中年猫になっちゃったのねえ。

 

マルコは昨夜私の横に眠る。猫ごたつはありがた迷惑である。

 

昨日乗ったのはちょっと難しい馬だった。

怖さが先に立ち、緊張気味に乗っていたら、先生から

「馬が緊張しているから(緊張しやすい馬だ)手ではなく身体を使って」と声をかけられる。

 

身体の力を意識して抜くと、馬が柔軟になったのが体感される。

こうやって馬のジャマをしながら乗っているんだとわかっていても、
結局最後は緊張が戻ってしまい、うまく乗れなかった。
自分にもっと自信があれば、緊張もせずうまくいくのだ。
予備知識がなくて乗ったなら、難しい馬もそこそここなせるのに、
難しいと聞いたとたんダメになる。
ほんの微妙な乗り手の意識や姿勢が結果を出す、そこに乗馬の難しさと面白さがある。
| hirao | 08:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
モンゴル力士

今場所の相撲は盛り上がっている。

自分は店主が観るのをたまにちらっと目にする程度だけど。


私は馬でモンゴルにお世話になっているし

モンゴルの人たちも好きだからモンゴル力士びいきだ。


店主は栃の心を応援しており、昨夜の白鵬栃の心対決は火花が散った。
栃の心が勝って喜ぶ店主に「明日の朝食はなしな」
「ご飯があるからおにぎりにするからいいもん」と店主。


明日(今朝)私は早く出かけるからおにぎりを作ってやるか。

やっと体調、ほぼ本調子になった。

 

しかし観衆が日本人力士をひいきにしすぎるのが気になる。
声援の数があからさまに違う。
特にモンゴル力士に冷たいと感じる。黄色人種同士の近親憎悪というヤツかしら。
異国でがんばって成績をあげているんだから、もう少し平等にしたほうがいいのにと思う。

 

パソコンの光で撮影した18時58分のタック。
太陽光に近い色なんだ。
手ぶれさえ気をつければ、デジタルカメラは明るすぎより暗い方がよく撮れる。

| hirao | 06:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

Profile

SHOP蔵の中

・世田谷区松原5-20-17
・TEL:03-3324-6778
SHOPはこちらからお入りください。

営業日
・ほぼ毎日開店
 ただし豪雨、豪雪の日は閉店
・時間 10:30-18:30
(30分くらい前後する日もあります)
ACCESS
・京王線明大前より徒歩10分
・井の頭線東松原より徒歩7分
・世田谷線松原より徒歩9分
・小田急線梅が丘より徒歩11分
地図はこちらからダウンロードを。
PDFファイル610KBです。

メールはこちら

お問合せは、
電話またはメールにてどうぞ。

ショッピングカートについて

環境により、レジまで進めない方が
少なからずおられます。
その場合は、SHOPを別窓
(新規ウィンドウ)で開いてください。 それでもだめな場合は、お手数ですが
電話またはメールでお問合せください。
近々修正するつもりではおりますが...。

店主紹介

平尾健二(ひらおけんじ)
東京都出身。多摩美術大学卒業後
積水化学工業デザイン部門に勤務。
古民家を入手し
別荘として改築したことで、
日本の文化、古民具に目覚める。
民家の移築建築相談承ります。
古建具や建材の在庫あります。

nakanohito

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode