Page: 1/77   >>
おしゃれなスニーカー

昨日電車の席の隣に座った若い女性。

フーシャピンクのすてきなスニーカーが目に入ったので顔を向けた。

同じ色味のリュックがこれまたすてきだ。

ほっそりした足に黒タイツ、黒ミニスカート、ミニマムなダウンと、他のウェアは黒。

ノートを熱心に読んでいたその子は成城学園で降りていった。

きゃしゃな体型にショートカットのヘアスタイルもかわいい。

 

スニーカーがはやっているが、おしゃれに履く人をめったに見ない。

ベロアのガウチョパンツに「普通の」スニーカーなど、最悪なのはよく見るけれど!

 

かく言う私もスエーデン製健康靴を去年秋に買ったものの、

おばさんが楽をしている風にしか見えないから、

歩き回りそうな旅行用に取ってある(行きたいとの願望も込めて)。

しかし、よほど気をつけてコーディネートしないと。

 

雨模様の朝の静かなタック。

 

 

コピーちゃんが夢に出てきた。

正確にはコピーちゃんの血縁の猫だけど、触ると晩年のコピーのように痩せていて。

同じ夢に出た旧知の人は無事に過ごしているかしら。

| hirao | 08:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ニャンニャンニャン

書類はそろえた。今年はシンプルな内容だし自分でやろう!(申告)
と税務署に赴き、すぐに後悔してきびすを返した。

 

税理士さんに助けてもらう会もあるようだが時期が過ぎているし、
3つの税務署が合同で開催する記入会場は電車で行くところにある。
それらが分かったから、来年は自分でやってみるか。あーめんどくさい。

 

レターパックに入れた書類をポストに放り込んだら気持ちが軽くなったので、ついでに梅の花見に足をのばす。
花盛りではあったが、管理されすぎた梅園ってやはり魅力がない。

実家の山の端にあった梅の古木を思い出す。


元は梅の実をとるために植えられたものだろうが、

その後実取り用としては忘れられ、枝をのびのび広げる姿は美しかった。

満開の白い梅の花はもの寂しくも高貴な風情を漂わせ、花びらがいくつもいくつも落ちて。

 

ああ、もう遠い景色だ。

 

今日は222の語呂合わせで猫の日だそうで。
やたらに「なんとかの日」なんてつけるんじゃないわよと悪態をつきつつうちの猫写真を。

 

一触即発。

 

気持ちを落ち着けて...ペロペロ。

そのまま離れていきました。

 

 

私の膝の上のマルコ。

 

| hirao | 06:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
タックの危険な遊び


わっ! 痛い!

 

タックがキーボードの向こうから狙ってくる。

子供のころの遊びを久しぶりに始めた。

 

すっかり春めいてきました。今朝は沈丁花の香りに出会えそうな予感。

柊南天の花の香りも!

| hirao | 07:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
税金ほぼやった

昨日怒濤の勢いで税金関係まとめた。およそ3時間で終わる。

 

レシート類の整理の一部を店主に任せたところ、
時間軸やアイテムがメチャクチャだ。


私はそもそもこういうことが大嫌いでアバウトなB型、

店主は事務方に向いているはずのA型だが、
血液型占いなんて、まったく信用するものではない。

 

イライラしてまとめ直すその怒りがエネルギーとなり、の連鎖でまとめたぜ。

店がてんでもうかっていないことをあらためて認識する。

 

そして去年のごり押しの値下げ交渉メールをあらためて読み、うんざりもする。

「これは値下げできないから買わないでください」と言っているのに、

「骨董屋は普通値下げするものだ」と返されて。

 

うちのお客さまは、ほんとうによい方が多く、

直近では、コピーちゃんにあたたかい言葉をくださったり、

京都のお土産をわざわざ送ってくださったりと、感謝にたえない。

だから、いろんな人がいることはおり込み済みでお相手はしている。


それから急いでジムに行く。

股関節の調子はよくならないが筋肉で少しでも補おう。あきらめることはない。

 

スーパーマーケットで購入した生たらが古くて、少しにおいがする。
タックは食べないから、ホイル焼きにして私たちの昨日の昼食となる。
ゆずの香りでおいしくいただけた。

 

今朝はフレンチトースト。
牛乳に浸してから卵に浸すと、卵液が早くしみるとネットにあり、

それでやってみたら、本当に手早くできた。

 

最近、店ははかばかしいものが出せていない。

市での収穫が少なくなっているのである。

きものもすばらしい、と思えるものがなかなか出ない。

 

だから猫で。

 

日がずいぶんのびてきた。

| hirao | 06:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
明日はなにか商品を出す予定

「ちょっとした」程度の知人からメールで

「娘が入院したのでかねて決めていた予定を変更したい」。

 

「それはご心配ですね。もちろんけっこうです」とやりとりしたのが数日前。

昨日「娘が危篤状態。再度予定の延長を」とのメールが入る。

なんと。娘さんは今年大学入学が決まっていた。

 

寿命を迎えたコピーちゃんがいなくなってもこんなに悲しいのに、

親御さんのご心配はいかばかりか。

 

夜、布団に入ったらスマホに「大変です。持ち直しの気配が出てきました」

 

メールは読まなくても待ち受け画面に出てくる設定にしている。

よかった。でも眠い。あとで返事はしよう。

 

そう思って今朝スマホを見ると、どこにもそのメールはない。

間違ってゴミ箱に入れてしまったかとまで思ったが、

心配のあまりみた寝入りばなの夢のようだ。

正夢ならいいのにと、切に願う。

 

目もあいていないころ1匹で公園をさまよっていたマルコ、

こうして手をちゅくちゅくすることがある。

| hirao | 06:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
春の花の香りは格別

姉より唐戸市場で買った河豚が届く。

 

 

後藤ウィニーさんがコピーちゃんに花を持ってきてくださったので、

 

河豚刺と河豚鍋を一緒に。

 

スイートピーがいい香りだ。

 

ヒアシンスも今が盛り。

 

早春の花は不思議なほどに高い香りを放つ。

春も盛りの花の香りは心が浮き立つようにはなやかな香り。

 

猫2つ人1つは変わらぬ日常。

自分サイズにおさまる場所にいるのがなんだか面白かった。

 

今朝の日経新聞文化面の執筆者は辺見庸。好きな書き手の1人だ。

| hirao | 08:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
記憶の残照

馬具にコピーちゃんの毛がついていた!

 

私が着るフリースにくっついたものが馬具に移ったのだろう。

思わず保存したくなるのをとどめる。

コピーちゃんはもういないのだ。

 

抜け毛はいつしか離れていた。

 

馬から帰ったら、若いかわいらしいお嬢さんが客としていらした。

店は人を迎える仕様になっておらず、整頓されていない倉庫だ。

申し訳ない気持ちで少時相手をする。

 

もう少し整頓しないといけないが2月は時間がないから3月に入ってから...

なんて、どんどん日が過ぎてしまった。

時間は作るもの。はい、そうです。

| hirao | 08:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
春近し猫もぬくぬく

春をいち早く感じたかタック、ベランダに頻繁に出ようとする。


寒風の中さぞ寒かろう冷たかろうと入ってきたタックにさわると、

これは意外。ぽかぽかと温かい。
太陽をいっぱいに浴びて、毛皮がほかほかになっている。
そしていち早く抜け毛の予感。

 

 

「入る?」とのぞきに行くと「まだだもん!」ゴロゴロ。

 

 

雪柳を玄関に生けた。
本格的な春は遠くない。

| hirao | 06:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コピーちゃんアーカイブ

デジタル写真というのはつい貯まりがちだ。

少しでも捨てがたい思いがあると特に。

旅の写真、猫の写真、衝撃的だった出来事や光景など。

 

そんな中から発掘したコピーちゃんの写真、つきあって見てください。

前も出したものばかりと思うけれど。


2014年8月23日、モンゴルに行く準備をしたスーツケース上で。

 

2014年12月11日。出窓まで楽々上がれていた。

花を生けたガラス容器が猫の水飲み場になり、今もそれは続く。

 

2016年4月1日。21歳の誕生日のコピー。
もうじき4年、たった2年。人と猫の時間は違う。

 

 

商品もブログだけで出します。

箱の中に入っていたものその3だか4だか。

 

習字用フェルト下敷き未使用45×150センチ。1000円。

 

絵画の高さを調整する真鍮の棒。全長39.5センチ。1000円。

| hirao | 07:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
春近しか? 雑感

春が近いせいか旅に出たい気分。

マイレージが貯まっているし、

少し暖かくなったら北海道に馬に乗りにでも行こうかしら。

 

昨日は美容院に行き、ついでに4月までの予約も入れてきた。
日曜日を予約したため、すでに空きがほとんどなくてびっくり。
帰りにデパートの手袋セールに寄ったらPASMOを落としてしまった。
チャージしたばかりで9000円余り入っている。くやしい。


手袋はいっとき凝ったからたくさんある。
でも革の高級なのじゃなく、分厚いウールニット製を欲しいと思った。
スマホを操作するのに、手にぴったりな革製は不便なのです。
といって、指先がない手袋は防寒上まるで役に立たない。
先端を暖めるのがこんなに大切なのだと、あれを使ってみてよくわかった。

 

明日はなにか出せるだろう。今日はタックだけ。

 


写真ではわからないが、タックの右のひげがちょっと短い。

店主に「タックのひげ切ったでしょ」と言うと「え、知らないよ」。


生たらをはさみでカットしてタックに与えるのだが、
「まだ?まだ?」と顔を近づけてくるときに切ったのだと思う。
私はひげを切らないよう気をつけているが、店主気づかないはず。

 

先週火曜の漆教室で、手についた漆をふき取らず、

あとで気づくももはや硬化して取りようがない部分。きっちりそこだけかぶれた。
漆かぶれは1週間で完治する。

触らないように我慢して、昨日夕方にはかゆみやはれもなくなった。

 

今朝の新聞に秋田八丈の鳶色はハマナスの根で出すとあった。

1年ほど前か、秋田八丈を入手し、出したらすぐ売れたが、

八丈島で作られる黄八丈よりは少し深い色のような気がした。

 

若いころ黄八丈が欲しかったが、とても買える価格ではなかった。

うちの値段なら買えたんだけど(笑)、もはや似合わない年代になってしまって。

| hirao | 06:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

Profile

SHOP蔵の中

・世田谷区松原5-20-17
・TEL:03-3324-6778
SHOPはこちらからお入りください。

営業日
・ほぼ毎日開店
 ただし豪雨、豪雪の日は閉店
・時間 10:30-18:30
(30分くらい前後する日もあります)
ACCESS
・京王線明大前より徒歩10分
・井の頭線東松原より徒歩7分
・世田谷線松原より徒歩9分
・小田急線梅が丘より徒歩11分
地図はこちらからダウンロードを。
PDFファイル610KBです。

メールはこちら

お問合せは、
電話またはメールにてどうぞ。

ショッピングカートについて

環境により、レジまで進めない方が
少なからずおられます。
その場合は、SHOPを別窓
(新規ウィンドウ)で開いてください。 それでもだめな場合は、お手数ですが
電話またはメールでお問合せください。
近々修正するつもりではおりますが...。

店主紹介

平尾健二(ひらおけんじ)
東京都出身。多摩美術大学卒業後
積水化学工業デザイン部門に勤務。
古民家を入手し
別荘として改築したことで、
日本の文化、古民具に目覚める。
民家の移築建築相談承ります。
古建具や建材の在庫あります。

nakanohito

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode