Entry: main  << >>
出し袱紗続き

昨日、無農薬栽培の見事な野菜を大量にもらってきた。

 

大きいつづらを背負ってよろよろと帰途につき、

駅まで店主に迎えにきてもらってさっそく料理にかかる。

蕪は漬け物、大根葉は炒め煮に。

刃を入れると水気がはじけそうな新鮮さ。

香菜は「餃子もいいよ」とのウィニーさんの助言でそれに。

買ったとしたらあり得ないほど大量の香菜を入れてゆで餃子に。

かなりおいしくできた。

 

今日は昨日の続きの袱紗。たくさん(高く)買ったのだ。

昨日同様、箱はそれのものではないかもしれない。

使用されているがきれい。価格はどれも1500円。

 

「桐竹鳳凰唐草」。

 

愛子様ご誕生記念に作られたもの。

 

 

「江戸紹は唐花文」。

 

 

 

「伊予簾れ」。

 

 

 

古い裂の文様を織り出したもの。

 

個人的にはこれが一番好き。

 

ちょっと忙しい。今日はこれで。

 

ゴーン氏の逮捕驚いた。巨悪は逮捕されないように思っていたから。

よほどの証拠をつかんでいたんだろうなあ。

日産にいた人は、氏の日産改革が始まった当時

「鉛筆1本も自由に使えない」ようなことを言っていた。

| hirao | 08:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment








Trackback

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Profile

SHOP蔵の中

・世田谷区松原5-20-17
・TEL:03-3324-6778
SHOPはこちらからお入りください。

営業日
・ほぼ毎日開店
 ただし豪雨、豪雪の日は閉店
・時間 10:30-18:30
(30分くらい前後する日もあります)
ACCESS
・京王線明大前より徒歩10分
・井の頭線東松原より徒歩7分
・世田谷線松原より徒歩9分
・小田急線梅が丘より徒歩11分
地図はこちらからダウンロードを。
PDFファイル610KBです。

メールはこちら

お問合せは、
電話またはメールにてどうぞ。

ショッピングカートについて

環境により、レジまで進めない方が
少なからずおられます。
その場合は、SHOPを別窓
(新規ウィンドウ)で開いてください。 それでもだめな場合は、お手数ですが
電話またはメールでお問合せください。
近々修正するつもりではおりますが...。

店主紹介

平尾健二(ひらおけんじ)
東京都出身。多摩美術大学卒業後
積水化学工業デザイン部門に勤務。
古民家を入手し
別荘として改築したことで、
日本の文化、古民具に目覚める。
民家の移築建築相談承ります。
古建具や建材の在庫あります。

nakanohito

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode