Entry: main  << >>
きんかんがおいしい

先だって乗った東京方面に向かう電車で、後ろのご夫人たち3人の会話。

最後まで顔は見えなかったが、話しぶりからして中産階級(古い言い回しだ!)の、

年代はたぶん私と同じくらい。

 

「先日電車に乗りましたらね、赤ちゃんをかかえた女性が乗ってきたので、どうぞと言ったんですよ」

「そしたら一緒にいたご主人が、ありがとうございますと5歳くらいの男の子を座らせるんですよ!」

みな一斉に「子供なんか立たせておけばいいじゃないですか」。

同感だ。優先席に元気そうな子供を座らせている人をみるとせめて膝に乗せろよと思う。

 

「降りるときにお礼の言葉もなくて...」。

 

異世代への微妙な違和感に同感した。

 

 

しわが寄っただらしない(事実だが)ソファ。実はふくらんだところにはミミちゃんがいる。

 

朝リビングに入ったらミミちゃんがムートンの上にいた。

座った私に近づき、膝に乗ってきたのをよしよししていたら、

リビングのドアの外にマルコがいて、ミミちゃんを凝視。

まずいと、とっさにソファカバーの下に入れたら、ミミちゃんも心得たものでじっとしている。

マルコはソファの裏側などをしきりに探しまわるが見つけられない。

ふくらみ以外はまるで気配がしない。すごいものだ。

 

コピーちゃんもいっときマルコから逃れて階段を居場所にしていたが、

だんだんとリビングにいる時間が長くなって、やがて落ち着いた。

そのころはマルコもコピーちゃんを脅すこともなくなった。

マルコは若い女の子でないと興味がないのかもしれない。

 

表題の「きんかんがおいしい」とまったく関係がない話題だった。

好物のきんかん、最近とみにおいしくなった。

果皮は厚くなり、酸っぱい果汁はほとんどなくなり。

20年前はそういうきんかんは高級品だったが、

今は普通に売られているものがみなおいしい。

しかし、正月に作るきんかんの甘煮は、昔ながらのきんかんでよいのだが。

ていうか、煮てしまうのはもったいない。

| hirao | 07:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment








Trackback

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

Profile

SHOP蔵の中

・世田谷区松原5-20-17
・TEL:03-3324-6778
SHOPはこちらからお入りください。

営業日
・ほぼ毎日開店
 ただし豪雨、豪雪の日は閉店
・時間 10:30-18:30
(30分くらい前後する日もあります)
ACCESS
・京王線明大前より徒歩10分
・井の頭線東松原より徒歩7分
・世田谷線松原より徒歩9分
・小田急線梅が丘より徒歩11分
地図はこちらからダウンロードを。
PDFファイル610KBです。

メールはこちら

お問合せは、
電話またはメールにてどうぞ。

ショッピングカートについて

環境により、レジまで進めない方が
少なからずおられます。
その場合は、SHOPを別窓
(新規ウィンドウ)で開いてください。 それでもだめな場合は、お手数ですが
電話またはメールでお問合せください。
近々修正するつもりではおりますが...。

店主紹介

平尾健二(ひらおけんじ)
東京都出身。多摩美術大学卒業後
積水化学工業デザイン部門に勤務。
古民家を入手し
別荘として改築したことで、
日本の文化、古民具に目覚める。
民家の移築建築相談承ります。
古建具や建材の在庫あります。

nakanohito

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode