Entry: main  << >>
昔、怪異は日常的にあった

今朝の日経新聞文化面は山形の怪異談の話だった。

それを読んで思い出した。

 

私が子供のころも、親が伝え聞いた、または体験した不思議話をよく聞いた。

前も書いたかしら。夜道を歩いていると対岸に灯りの行列が見える。

「さてはきつね」と歩いていた人は用心するが、気づくと側の用水路をじゃばじゃば歩いている。

陸に上がり、しばらくするとまた水の中。

その人が集まりに遅れて来てしかもずぶぬれで語った話として母親から聞いた。

 

きつねやたぬき、犬神の話とか、どれだけ田舎かって話だが(まあ田舎ではある)。

むろんきつねやたぬきが人を化かしたのでないとは思う。

 

人の妄想が不思議を引き起こすとしても、では人の妄想はどれだけのことができるのか。

 

4月にしては寒い今朝のタック。

 

マルコ。

 

ミミちゃんはキッチンの炊飯器で暖をとっている。

 

なにやら文字入力がおかしいと見たら、タックがキーボードを腕で押さえていた。

 

大臣の失言っていうけれど、アレは失言というより「つい本性が出た」ですよね。

なんでああいう人物が選挙で選ばれたのか。選挙民の責任でもある。

| hirao | 07:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment








Trackback

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

Profile

SHOP蔵の中

・世田谷区松原5-20-17
・TEL:03-3324-6778
SHOPはこちらからお入りください。

営業日
・ほぼ毎日開店
 ただし豪雨、豪雪の日は閉店
・時間 10:30-18:30
(30分くらい前後する日もあります)
ACCESS
・京王線明大前より徒歩10分
・井の頭線東松原より徒歩7分
・世田谷線松原より徒歩9分
・小田急線梅が丘より徒歩11分
地図はこちらからダウンロードを。
PDFファイル610KBです。

メールはこちら

お問合せは、
電話またはメールにてどうぞ。

ショッピングカートについて

環境により、レジまで進めない方が
少なからずおられます。
その場合は、SHOPを別窓
(新規ウィンドウ)で開いてください。 それでもだめな場合は、お手数ですが
電話またはメールでお問合せください。
近々修正するつもりではおりますが...。

店主紹介

平尾健二(ひらおけんじ)
東京都出身。多摩美術大学卒業後
積水化学工業デザイン部門に勤務。
古民家を入手し
別荘として改築したことで、
日本の文化、古民具に目覚める。
民家の移築建築相談承ります。
古建具や建材の在庫あります。

nakanohito

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode