Entry: main  << >>
印伝の巾着、ガラスの花器

sold out

未使用の印伝巾着で、印伝屋上原勇七商店のもの。

 

紺色の鹿革に白漆(ベージュ)で図柄を描いた美品。

 

両面同じ図柄です。23×29センチとやや大ぶりで、男性にも。

中はファスナー付きポケットが1つ。

 

書付によると、茶道裏千家淡交会総本部が傘寿の祝いに家元から贈られたもののよう。

 

裏千家の象徴である銀杏と鶴を組み合わせた「鶴銀杏」紋様が施された特注品。

 

細部までていねいな作り。4500円。

 

 

ガラスの花器。重たいし今はあまり需要がないからどうしようと思ったのだけど、

よいものだから、使われる方がいらっしゃればと1000円で。

重たさは、安定させるため花器には大切。

 

37.5×厚み8×高さ16.5センチ。

木箱はぼろぼろなので捨ててしまったが、昔和光で販売されたもの。

 

 

これから成田に行き、20日帰国。

その間、Wi-Fiが通じる所もあるようなので、

時間が取れたらモンゴルの風景をアップできるかも。

ただ、通信環境がいいとは思えず、メールやご注文をいただいても

返事はたぶんできません。すみません。

 

土壇場での旅の準備はドタバタだった。もっと早くからやらないとダメだな。
ちょっといろいろ急用があったし、

早くにスーツケースを広げると猫の巣になりそうな懸念もあって、

直前に始めたのだけど、走り回って疲れ果てた。

 

猫たちは何かを察したのか、しきりにすり寄って「相手して」と言ってくる。

その度ちょっとなでたり膝に乗せたりしているとあっという間に時間が過ぎて。

 

土曜日に帰国。選挙には間に合う。

改憲を阻止しないといけないと思うが、世論はさほどでもないか。

| hirao | 05:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment








Trackback

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

Profile

SHOP蔵の中

・世田谷区松原5-20-17
・TEL:03-3324-6778
SHOPはこちらからお入りください。

営業日
・ほぼ毎日開店
 ただし豪雨、豪雪の日は閉店
・時間 10:30-18:30
(30分くらい前後する日もあります)
ACCESS
・京王線明大前より徒歩10分
・井の頭線東松原より徒歩7分
・世田谷線松原より徒歩9分
・小田急線梅が丘より徒歩11分
地図はこちらからダウンロードを。
PDFファイル610KBです。

メールはこちら

お問合せは、
電話またはメールにてどうぞ。

ショッピングカートについて

環境により、レジまで進めない方が
少なからずおられます。
その場合は、SHOPを別窓
(新規ウィンドウ)で開いてください。 それでもだめな場合は、お手数ですが
電話またはメールでお問合せください。
近々修正するつもりではおりますが...。

店主紹介

平尾健二(ひらおけんじ)
東京都出身。多摩美術大学卒業後
積水化学工業デザイン部門に勤務。
古民家を入手し
別荘として改築したことで、
日本の文化、古民具に目覚める。
民家の移築建築相談承ります。
古建具や建材の在庫あります。

nakanohito

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode