Entry: main  << >>
『ビッグイシュー』という雑誌

昨日新宿を歩きながら「そういえば最近ビッグイシューを買う機会がないなあ」と考えた。


売り手が立つことが多い新宿の交差点を見ると、雑誌を掲げながら立つ人が。
正月4日ということでいつもより人が少ないから見つけることができた。
前もそれとなく探したが、いなかったと思うんだよね。

 

近寄って最新号とバックナンバーの1冊を買う。1冊350円。
売り手は40歳くらいの健康そうでていねいな口調の男性だ。
こういう人がホームレスになるなんて、日本はなにかおかしい?

 

以前も書いたが、ご存知ない人がいるだろうから今また説明する。


『ビッグイシュー』は英国発祥のホームレスを支援する雑誌だ。

売上げ350円のうち180円が売り手の収益になる。


売り手は販売のプロではないから、静かに本を掲げて立つだけのこともあり、

知らないと何をしているか分かりにくいし、ほとんどの人は振り向く事もなく過ぎて行く。

 

収益で安い宿に泊まれたり食事にもありつける。

なにより働いているという現実がその人を前向きにさせると思う。


私はたまたま仕事で関わる事があり、その存在を知った。

そうでなければ気づく事もなかったかもしれない。
人が多い場所でA4の薄い雑誌を売っている人がいたら買ってあげてください。

薄いけれど内容も充実しておもしろいから。

 

売り手の来し方が掲載されているが、育った家庭に問題があったり、

職場の人間関係でつまづいて職場をドロップアウトしたり、勤務先が倒産したり、

ホームレスになったきっかけはほんのちょっとしたことが多い。

そして這い上がるのはむずかしい。

 

| hirao | 07:20 | comments(0) | - | - | - |
Comment








Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

Profile

SHOP蔵の中

・世田谷区松原5-20-17
・TEL:03-3324-6778
SHOPはこちらからお入りください。

営業日
・ほぼ毎日開店
 ただし豪雨、豪雪の日は閉店
・時間 10:30-18:30
(30分くらい前後する日もあります)
ACCESS
・京王線明大前より徒歩10分
・井の頭線東松原より徒歩7分
・世田谷線松原より徒歩9分
・小田急線梅が丘より徒歩11分
地図はこちらからダウンロードを。
PDFファイル610KBです。

メールはこちら

お問合せは、
電話またはメールにてどうぞ。

ショッピングカートについて

環境により、レジまで進めない方が
少なからずおられます。
その場合は、SHOPを別窓
(新規ウィンドウ)で開いてください。 それでもだめな場合は、お手数ですが
電話またはメールでお問合せください。
近々修正するつもりではおりますが...。

店主紹介

平尾健二(ひらおけんじ)
東京都出身。多摩美術大学卒業後
積水化学工業デザイン部門に勤務。
古民家を入手し
別荘として改築したことで、
日本の文化、古民具に目覚める。
民家の移築建築相談承ります。
古建具や建材の在庫あります。

nakanohito

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode