Entry: main  << >>
和装バッグ、草履

選んで買ったわけでなくついてきた和装バッグと草履のセット。

 

一度くらい使われている嵯峨錦のバッグと草履。

 

バッグ幅19.5センチ、高さ16センチ、まち幅5.7センチ。

 

草履は長さ22.5センチ、かかと高さ4.5センチ(23センチ前後の人向け)。

 

木箱は汚れあり。1500円。

 

 

これも一度くらい使われているか。黒に近い緑銅色に螺鈿のバッグと草履。

 

バッグ幅20センチ、高さ16センチ、まち幅5.5センチ。

 

草履は長さ22.8センチ、かかと高さ4.6センチ(23センチ前後の人向け)。

 

 

1500円。

 

 

同じく一度くらい使われている黒サテン地のバッグ。

幅19.8センチ、高さ17.5センチ、まち幅9.1センチ。

 

和装にも洋装にも合うデザインで収容量もあり便利だと思う。

 

 

購入時の定価20000円と箱にあり、そんなにするのかと驚いた。

1000円。

 

 

今朝はオムレツ。

 

鉄のフライパンを出したが、まだなじんでいない。

店主が焦がし、流しに水をはったまま放置された。

熱して油をなじませたが、まだまだだ。オムレツも無惨な仕上がり。

 

昨日昼前につぶ貝を煮ておいたら、

店主ビールのつまみにコツコツと食べ続け、夕食前になくなった。

 

ずっと以前、香港で食べたつぶ貝がおいしかったから、その味付けで煮ることが多い。

クローブや黒こしょう、ナツメッグなどスパイスを使い、

紹興酒、砂糖、しょう油で味付けし、圧力鍋で煮ている。

八角は店主が嫌いだから入れない。

 

九龍にあったそのレストランはどれもおいしく、6年後くらいに再訪したら既になかった。

それも返還前のことだ。

 

実に行儀が悪い2つ。

うなぎをくれくれと手を出すタックに、よけながら寝転んで食べる店主。

| hirao | 08:43 | comments(0) | - | - | - |
Comment








Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

Profile

SHOP蔵の中

・世田谷区松原5-20-17
・TEL:03-3324-6778
SHOPはこちらからお入りください。

営業日
・ほぼ毎日開店
 ただし豪雨、豪雪の日は閉店
・時間 10:30-18:30
(30分くらい前後する日もあります)
ACCESS
・京王線明大前より徒歩10分
・井の頭線東松原より徒歩7分
・世田谷線松原より徒歩9分
・小田急線梅が丘より徒歩11分
地図はこちらからダウンロードを。
PDFファイル610KBです。

メールはこちら

お問合せは、
電話またはメールにてどうぞ。

ショッピングカートについて

環境により、レジまで進めない方が
少なからずおられます。
その場合は、SHOPを別窓
(新規ウィンドウ)で開いてください。 それでもだめな場合は、お手数ですが
電話またはメールでお問合せください。
近々修正するつもりではおりますが...。

店主紹介

平尾健二(ひらおけんじ)
東京都出身。多摩美術大学卒業後
積水化学工業デザイン部門に勤務。
古民家を入手し
別荘として改築したことで、
日本の文化、古民具に目覚める。
民家の移築建築相談承ります。
古建具や建材の在庫あります。

nakanohito

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode