Entry: main  << >>
コンフィチュール

昨朝出かける前にパソコンをシャットダウンして、

ほどなく戻ってきたが、「商品も売れていないだろうしいいや」と

夜までそのまま放置。

そんな日に限って、お問合せや売約メールなど。

返事がのろくて申し訳ありません。

 

昨日ジムでマシンを使いながら「今日の料理」を観ていたら、

「豚肉のコンフィ」を放映していた。

コンフィすなわちコンフィチュールは、低温でじっくり加熱する料理だ。

 

佐藤雅子さんの『私の保存食ノート』(文化出版局刊)だったか、

タイトルもはっきり覚えていないが、料理の名著があった。

50年前は珍しかった、あこがれの洋風料理を紹介していて、

この豚肉のコンフィチュールもしばしば作った。

 

テレビで思い出して、久しぶりに作ることに。

 

今朝はそれと蒸し野菜。

 

コンフィチュールは時間はかかるが手間はかからない。

 

昨日から塩こしょう、ハーブをまぶして冷蔵庫に。

今朝一番で冷蔵庫から出して室温にもどし、

コーヒーを飲みながら、サラダ油に浸した豚肉をゆっくりと加熱する。

オーブンに鍋ごといれてもよいが、

うちのガス台には電熱器もついており、ごく低温まで下げることができるので、

弱火以下の温度で40分くらい。

取り出して表面をこんがりと焼く。その間蒸し野菜とトーストも完成。

 

バタ−はエシレ。発酵バタ−はおいしいです。

 

 

ミミちゃんは色々なところに潜んでいる。

狭い棚の奥の奥とか。

今朝、よくミミちゃんがいるお手洗いの棚にまた猫が。

「ミミちゃん?」

あれ、サイズがでかい。

マルコがぎゅうぎゅうに詰まっていました。

ミミちゃんを追い払ったのか。悪いやっちゃ。

 


タックは今朝も私のそばです。

 

 

お問合せの商品を探していて、前に見つけられなかったこれを発見。

浴衣地で反幅35.8センチ。箱は処分しました。

 

前問合せいただいた方がどなたか忘れてしまった。

あらためて1000円でいかがでしょう。

定形外郵便710円でお送りできます。

| hirao | 07:49 | comments(0) | - | - | - |
Comment








Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Profile

SHOP蔵の中

・世田谷区松原5-20-17
・TEL:03-3324-6778
SHOPはこちらからお入りください。

営業日
・ほぼ毎日開店
 ただし豪雨、豪雪の日は閉店
・時間 10:30-18:30
(30分くらい前後する日もあります)
ACCESS
・京王線明大前より徒歩10分
・井の頭線東松原より徒歩7分
・世田谷線松原より徒歩9分
・小田急線梅が丘より徒歩11分
地図はこちらからダウンロードを。
PDFファイル610KBです。

メールはこちら

お問合せは、
電話またはメールにてどうぞ。

ショッピングカートについて

環境により、レジまで進めない方が
少なからずおられます。
その場合は、SHOPを別窓
(新規ウィンドウ)で開いてください。 それでもだめな場合は、お手数ですが
電話またはメールでお問合せください。
近々修正するつもりではおりますが...。

店主紹介

平尾健二(ひらおけんじ)
東京都出身。多摩美術大学卒業後
積水化学工業デザイン部門に勤務。
古民家を入手し
別荘として改築したことで、
日本の文化、古民具に目覚める。
民家の移築建築相談承ります。
古建具や建材の在庫あります。

nakanohito

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode