Entry: main  << >>
立原正秋と浜田庄司
今、立原正秋の随筆を読んでいるが、その中に「日本の民藝運動は(中略)柳宗悦が唱えたが、河井寛次郎で終っている」という1文があって「わが意を得たり」の心地がした。
立原正秋と自分を瞬時でも同列にしようなどと不遜な気持ちはもとよりないが、目利きと言われる人の言だ、背中を押してもらったような気持ちになる。

うちにも、立原正秋がこきおろした浜田庄司の器がいくつかあったけれど、好きじゃないから、ヤフオクでほぼ売りさばいてしまった。箱書きのない皿やクリーマーなどだ。箱書きがなくてもまぎれもない本物だったから、1000円スタートでけっこう競り上がった。
私はやっかい払いしたような心持ちだったが、買ったほうにしたらずいぶん安値で入手できたと思う。
店を始める前のことだ。もっとも、うちのごたごたした店内にあったら、1枚500円でも売れなかっただろう。なにしろ「馬子にも衣装」の逆の店だからね。

なぜ好きじゃないかというと、きれいな使いみちをどうしてもイメージできなかった。普通の形の皿なのに、お造りもステーキも煮物も、すべての料理をはねつけてしまうのだ。使えない器の存在理由はどこにあるんだろう? あれを観賞用と思える人はどうぞご勝手に。

同じ本の中に、藤沢で援交女子高生に出会った話がある。ほぼ30年前の話だから、その女子高校生も母親になり、同じようにしょうもない子どもが育っているのかと思うと、うんざりする。現代の格差社会もなるべくしてなったのかもしれないなどと考えた。
| hirao | 01:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment








Trackback

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Profile

SHOP蔵の中

・世田谷区松原5-20-17
・TEL:03-3324-6778
SHOPはこちらからお入りください。

営業日
・ほぼ毎日開店
 ただし豪雨、豪雪の日は閉店
・時間 10:30-18:30
(30分くらい前後する日もあります)
ACCESS
・京王線明大前より徒歩10分
・井の頭線東松原より徒歩7分
・世田谷線松原より徒歩9分
・小田急線梅が丘より徒歩11分
地図はこちらからダウンロードを。
PDFファイル610KBです。

メールはこちら

お問合せは、
電話またはメールにてどうぞ。

ショッピングカートについて

環境により、レジまで進めない方が
少なからずおられます。
その場合は、SHOPを別窓
(新規ウィンドウ)で開いてください。 それでもだめな場合は、お手数ですが
電話またはメールでお問合せください。
近々修正するつもりではおりますが...。

店主紹介

平尾健二(ひらおけんじ)
東京都出身。多摩美術大学卒業後
積水化学工業デザイン部門に勤務。
古民家を入手し
別荘として改築したことで、
日本の文化、古民具に目覚める。
民家の移築建築相談承ります。
古建具や建材の在庫あります。

nakanohito

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode