Page: 2/530  << >>
本袋の帯能管の柄

sold out

本袋の袋帯和笛(能管)の柄6通。

 

地は金ながら華美ではないので、お茶会や観劇などにもよいと思う。

 

裏は七宝の柄。汚れなどないが少し古いにおいが。

 

幅313センチ、長さ436センチ。5000円。

軽くて締めやすい。

 

 

さて本日の朝食は。

たらと野菜のホイル焼、バタ−風味。きのこもたっぷり入れました。

 

そして今朝の猫は

じゃましまくりのタック。

| hirao | 07:45 | comments(0) | - | - | - |
紗の名古屋帯

季節も季節だし出そうと撮影した名古屋帯。

sold out

白の紗に白糸と金糸銀糸の織柄。

 

年代を問わずに使えるし、なかなかすてきだと思うのだが、

撮影して気づいたしみ。

 

こちらはまあきれい。

 

こちらの前にはうっすらと、

 

片方のての汚れは目立つ。幅30.3センチ、長さ355センチ。

うまく締めると隠せるはずだが1500円。

 

 

恒例となりかけた今朝のご飯。

店主の希望によりおいなりさんにしました。

すし飯はごま味と青柚子味。

 

今朝の猫は膝上のタック。

 

電車やバスの人出がコロナ以前になってきたなと思っていたら東京の感染者数。

経済を回すには自粛をゆるやかにせざるを得ないだろうが、

健康的でない遊興は少し自粛してよと思います。

自業自得で収まらないのだから。

| hirao | 08:17 | comments(0) | - | - | - |
白紬刺繍のある帯

sold out

とても美しい色あいの織柄の名古屋帯で

 

一部に刺繍。

 

ふっくらした手触りは真綿紬か? 

 

 

隠れる部分だがうっすらしみがあるのと保管時のにおいがあるので3000円。

 

前部分。幅30.5センチ、長さ350.3センチ。

 

 

今朝は北海道のしじみのみそ汁と蒸しかぼちゃオリーブ油、それとぬか漬け。

大きくておいしいあさりだった。

 

でもそれじゃ写真としては貧乏くさい。

(あ、くさいじゃなくてほんとに貧乏?)

こういう簡素な食事が私は好きで店主もあさりのボリュームに満足しているんだけど。

 

そんな予感もして撮っておいた写真は昨日の昼食の冷やし中華。

今年初でした。

| hirao | 07:05 | comments(0) | - | - | - |
ガラスの金魚鉢 私はフォローしないでください

昨夜12時前に目覚めたらそれから眠れなくなり3時ごろに眠る。

起床は6時前だから睡眠不足だ。

スマホでニュースなどあちこち渉猟し、情報収集のため(ポケモンだけど)に

ある人のTwitterをフォローしたら、律儀にフォローが返ってきた。まずい。

このブログをTwitterと連動させていたのだった。

連動を外そうかと思ったが、そこまですることもないか。

若い人が興味があるブログでもないし、どうぞ読まないでください。お願い。

もとより読まれないかもしれないけれど。

 

 

気泡もレトロな金魚鉢。24.3×20.3×高さ21.5と大きめ。

 

上辺に傷あり。2000円。

底に取りきれない汚れが残っています(洗えば落ちると思う)。

 

 

今朝はアンチョビのパスタとトマトのマリネ。

以前アンチョビと生クリームのパスタを作り、それは店主に大好評だった。

今回は生クリームがないからオリーブ油を使ったが、生クリームの方がおいしい。

| hirao | 08:13 | comments(0) | - | - | - |
今朝の弁当

今朝は早く出るので、早朝から弁当作りをしていました。

 

自分用だから、食べたいものだけを入れたすごく雑なもの。

店主朝食用に同じものを出す。

今振り返るとけっこうな量をぺろりと平らげていた。

酢飯は暑いときも食べやすいですね。

 

行くところは昼食の弁当は出るのだが、安い弁当を食べたくない。

それを食べるなら1食抜こう、ぐらいの気分だ。

 

先ごろ閉店した弁松のお弁当はおいしかったな。

あと京都の料理人が詰めた重詰め。

 

郷里の仕出し弁当も1点1点ていねいな作りでおいしかった。

値段次第(つまり材料と手間)だから当然か。

| hirao | 06:24 | comments(0) | - | - | - |
イタリア製寄せ木細工のトレー

いつも同じようですが今朝のタック。

 

チュールを朝晩やっているが、

そろそろの時間になるといつもの場所に2匹が待機する。

待機していなくても、「チュールの時間かな」と言うと

とたんに2匹ざわめきだす。

でも試しに「チュールおいしかった?」と声をかけても動じない。

単語だけに反応しているのではないようだ。

 

 

今朝はイタリア製寄せ木細工のトレーをブログだけで。

幅36.5(ハンドル含まず)×23センチ。未使用です。

 

 

使い勝手のよいサイズかと。

 

箱はめちゃくちゃ汚い。1500円。

 

今朝は残り物整理の炒飯にしました。

昨日の残り物の酢豚も店主は食べていた。

| hirao | 08:10 | comments(0) | - | - | - |
美濃紙

私物を出そうかと思ったが、とりあえずあるものを。

 

94.5×63センチの美濃紙。6枚あります。

 

紙漉のときに入ったもの(ちりと呼ぶ)かどうかよくわからない

茶色いシミが所々にある。

6枚1500円でいかがでしょう。ブログのみにて。

 

 

今朝は麦みそのみそ汁卵入りを作りました。

青ゆずの香りがささやかな贅沢。

あとは焼きパプリカのバルサミコ酢とオリーブ油。

変な組合せです。

 

猫画像はタック。

新しい爪とぎで。

 

私の膝で。

 

湿度が高くて体が重たい。猫もそうなんだろう。

| hirao | 09:07 | comments(0) | - | - | - |
湿度で体が重たい

今朝は自分が食べたかったからカプレーゼ。それとハーブソーセージ。

ソーセージは「大地を守る会」のものだから、へんなにおいがないのです。

肉に関しては、品質と値段は相応だ。

 

ジムに再び行きだして1か月近く。やっと以前の筋力が戻った気がする。

一方で、体力気力の衰えを感じる事も多い。

 

気力なんて気のものでしょ維持できるはず。

そう考えていたのだが、体力が衰えて「ああだめか」という気持ちが気力をそいでいく。

 

老人がウツになるのはこういうことがきっかけなんだろうか。

何一つ不自由も心配もなさそうな人がウツになったと聞いて

不思議で仕方なかったのだけど。

 

静かに眠りたくてラックにいたタック、起動。

 

ちょっと太ったけれど、中年になったけれど、まだまだいける。

| hirao | 07:50 | comments(0) | - | - | - |
古い籠

今朝は具だくさん(ベーコン、万願寺とうがらし、しいたけ)のオムレツとポテトサラダ。

 

うちの朝食にみそ汁が少ないことに気づかれただろうか。

結婚当初は毎朝みそ汁を作っていたが、

店主がみそ汁をさほど好きでないことがわかった。

(しじみ、あさり、卵入りは好き)

がっつり系がいいんだと知ってからはそういうのが中心に。

 

近所のスーパーマーケットのポテトサラダはおいしいらしい。

「テレビでも紹介していたよ」と店主。

しかし、ごくわずかに薬品くさいことがあるから、それだけで私はダメ。

ハム、ベーコンと同類のにおいだ。だから自作。

 

砂糖を思ったよりも少しだけ多く入れることで近い味になる。

今回は豆腐ようの汁も加える。

まあおいしいんじゃないだろうか。

 

 

言い訳程度に古い籠を出しました(ブログのみで)。

 

よいものだし特に目立つ傷もないようだが1500円で。

 

 

口に渡した竹が欠損しているか?

 

高さ28.5センチ幅約19.5センチ厚み約15センチ。

 

 

ちょっと冷える今朝の猫は

店主の上でくつろぐマルコです。

| hirao | 07:59 | comments(0) | - | - | - |
京千代紙

今日は千代紙を出しました。

京千代紙で、余白に名前を書いてしまっている。

若干の差異はあるがだいたい99×65.5センチ。

 

a。

 

700円。

 

 

b。

 

700円。

 

 

c。

 

700円。

 

 

d。

 

700円。

 

 

e。

 

これだけは裏にも文字があり、うっすら透けて見える。

 

500円。

 

 

f。

 

700円。

 

 

g。

 

700円。

 

 

大判千代紙は使い勝手がよいかと思います。

京千代紙と江戸千代紙を比べると、京都のほうがちょっと茫洋とした感じかな。

京都で千代紙をたくさん見せてもらったときに感じました。

 

こんな風に同じようなものが延々と続くもののアップは、

間違えやしないかと疲れるし時間がかかった。

 

今朝は豚肉のごまポン酢、ポーチドエッグ(店主希望により)、

自分が野菜を食べたかったから温野菜。

 

珍しくもないと言いながら、また舌を出したままのマルコ。

 

ここまで書いてなにかあるとショックだから、急いでアップします。

| hirao | 08:53 | comments(0) | - | - | - |

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

Profile

SHOP蔵の中

・世田谷区松原5-20-17
・TEL:03-3324-6778
SHOPはこちらからお入りください。

営業日
・ほぼ毎日開店
 ただし豪雨、豪雪の日は閉店
・時間 10:30-18:30
(30分くらい前後する日もあります)
ACCESS
・京王線明大前より徒歩10分
・井の頭線東松原より徒歩7分
・世田谷線松原より徒歩9分
・小田急線梅が丘より徒歩11分
地図はこちらからダウンロードを。
PDFファイル610KBです。

メールはこちら

お問合せは、
電話またはメールにてどうぞ。

ショッピングカートについて

環境により、レジまで進めない方が
少なからずおられます。
その場合は、SHOPを別窓
(新規ウィンドウ)で開いてください。 それでもだめな場合は、お手数ですが
電話またはメールでお問合せください。
近々修正するつもりではおりますが...。

店主紹介

平尾健二(ひらおけんじ)
東京都出身。多摩美術大学卒業後
積水化学工業デザイン部門に勤務。
古民家を入手し
別荘として改築したことで、
日本の文化、古民具に目覚める。
民家の移築建築相談承ります。
古建具や建材の在庫あります。

nakanohito

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode