Page: 2/473  << >>
津軽塗新品の中皿、ウクレレ

昨日、タックが「どーしても肩に乗りたい!」とせがんでくるので

出がけにちょっと抱っこした写真がこれ。

 

 

 

この体勢でスリスリしてくるのです。

 

マルコがミミちゃんを追いかけるとタックは

「やめろよ!」ってかんじでマルコを叱る。利口な子だ。

 

包装紙に包まれていたままのデッドストック。

 

未使用の津軽塗皿。

直径20.5センチ、高さ約3センチ(もちろん木に本漆)。

 

菓子皿として作られたものだが、銘々皿にするのもよし。

 

 

伝統的な技法の漆がきれい。6枚あり、1点900円。

 

漆塗りをやっているからその手間と苦労がよくわかる。

安い値段をつけると職人さんに申し訳なくなるが、

まあこれで売れる値段で購入できたので。

 

 

あと、なにかの荷にまぎれてついてきたウクレレ。

 

状態はいいみたい。

 

店主が「オレ得意」とかきならし始めてすぐやめた。

 

半世紀以上前では忘れるのも道理。

1000円ですがいかが。SHOPに出していません。

| hirao | 08:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
角皿

昨今、骨董の器類はあまり売れない。

でもやはり買ってしまった。安く買えたから。いつか高くなる日はくるだろう。

 

幕末から明治の角皿で、

 

どちらも深さがあるから、汁気があるものにも好適。

 

sold out

手描きの線が美しい角皿で24.4センチ角高さ5.7センチ。無傷。

 

 

 

4500円。

 

 

あっさりめの絵柄がどんな料理も映える角皿。26.7センチ角高さ5センチ。

 

 

 

裏の黒い部分は釜傷です。4000円。

| hirao | 07:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
漆替え蓋つき水指

sold out

水車の柄の水指で

 

漆替え蓋つき。

 

朝の6時少しはまだ薄暗い。そんな中でもデジタルカメラはほどほどに撮れる。


直径21.5センチ、高さ12.4センチ。

 

3000円。

 

 

今朝の私の膝の上のミミちゃんです。

 

今朝は馬で早く出る。

無理して撮影したが、明日からまた少しずつ出していきます。

| hirao | 06:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
タック

タック、元気にしているが、体調であれ?と思うことがあり、

病院に連れて行ったほうがよさそうだ。

ただ、今日は朝から予定があるし、明日もいろいろ...店主に任せるか。

 

銀杏並木の黄葉がきれいだ。四季折々の美しさは一瞬の輝き。

だからいっそう美しく慕わしく感じる。

| hirao | 07:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
日々冬は忍び寄る

昨日姉から河豚が届いた。身欠きの状態だったから、

刺身と鍋の用意を急ぎして、予約していた整体に出かける。

久しぶりに和包丁を出し、なんとか薄くそぎ切りにする。

大きい河豚だったから、店主用には片身だけで充分だ。

残った片身は銀糸を織り込んだ保存布に包んでチルドルームに。

 

今朝は鍋の残りの一部で雑炊と、

私のみポーランドのジンジャーブレッドとコラーゲン入りミルクコーヒー。

 

寒くなったね。タック。

 

テレビが昨日朝つかなくなった。10年ほどで寿命か。

50万円ちょっとしたんだぞ。今ずいぶん安くなったけど。

テレビっ子の店主はとても困っている。

私は静かで快適だ。

 

近くの電気店が整体に行っている間に見積もりをおいていったが、

うーん、ネットでみる値段と乖離がありすぎて、

いくら地域商店を応援するといっても納得できない。

「2万円安くしてくれるならそこで買ってもいいよ(それでも高い)」

店主「それは無理だろう」

しばらくの間、テレビなしの生活にした。

ニュースも天気予報もネットで拾えるから私は困らないんだが。

日がな寝てテレビづけの店主、これを機に運動やがらくたの片付けを、と言っても動く気配なし。

| hirao | 08:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ウールラグ

今朝はトリュフ入りオムレツ。トリュフはむろん(笑)いただいたものだ。

 

昔、さるイタリアンのシェフから聞いた話。

 

トリュフがイタリアから空輸されると直ちに競りにかけられる。

なぜかというに、価格は重さで決まるので、時間が経つほどに価値が蒸発(笑)するから。

(香りも揮発するだろうから、正しい処置かも)

レストランで、客の目の前でパスタにトリュフをすり下ろしてかける。

客が「そこまで」と声をかけるまですり下ろすので、いつまでもかけさせた客は

それだけでプラス30000円になったそうで。

 

そんな大金を払うほどの価値があるものやら、庶民にはとんとわかりかねる。

が、そのオーナーシェフのレストランはこの時期トリュフコースが30000円ということで、

裕福な友人を誘ってみたが、「バカバカしい」というようなことを遠回しに言われ、

それもそうだと断念した。15年くらい前の話だけど。

 

 

ウールラグで房を含めないサイズ96×63センチ。

 

写真よりは色がくすんでいる。

 

特に目立つ汚れはないが房は茶色くなっている。

 

裏側。2500円。

| hirao | 08:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
マルコもかわいい

店主を見上げるマルコ。

 

上で眠るための準備でした。

 

店主のベストは昔買い与えたダナキャランだが、

よれよれになり、今や浮浪者のよう。

これに変わる物がなかなか見つからなくて。

ユニクロのダウンベストは丈が短いそうだ。
 

先日「ためしてガッテン」でオメガ3の油が体重軽減に役立つなんて放映していて、

これはひいきのインカインチオイルも品薄になるかと警戒したら、

エゴマ油のみが品薄になったようだ。

値段が段違いなのと、そこらに売ってはいないから当然か。

あと、あの油一般的じゃないせいか、映像には出ていたけれど

名前は出さなかったので気づいた人は少ないかも。

でも、そもそも食べて体重は減らしたいってどうなのよ。

 

昨夜、もう枇杷の花の香りがした。

冬ですなあ。

| hirao | 09:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
熊本のごぼーめん

今日の朝食は熊本の「ごぼーめん」を山かけで。

初めていただいたが、ごぼうの風味がなかなかおいしい。

新宿駅地下広場の物産展で買ったもので、たぶんそこらで売られていない。

ステマじゃないけど「(有)肥後そう川」というところのものです。

 

熊本の「いきなりだんご」も好物なのだが、

これも東京ではあまり売られていない。

さつまいもの輪切りが中に入った素朴なまんじゅうで、

蒸したての温かいのは今頃の味覚だ。

 


今朝のタック。

昨夜は右にミミちゃん、左にマルコで眠る。

暖かいのは嬉しいが身体が動かせないのがつらい。

 

猫を出した段階でおわかりかと思いますが、今日はこのへんで。

あと数日これが続くかも!

| hirao | 08:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
暖をとる2匹と1人

暖めあっています。今朝もタックは何度も私の膝に来たけれど、

私はしょっちゅう立つので、安定して寝ている人物のところに行ったもよう。

 

朝晩冷える。こういう朝は、田舎では霜が降りているだろう。

| hirao | 07:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
竹の花入れ

寒くなりました。

ゆうべも右にミミちゃん、左にタックの猫ごたつでぬくぬく眠ることができた。

猫のために暖房器具をそろそろ出そう。

 

新たな商品がなくなってきたので今日もちょぼちょぼです。

sold out

 

直径8.4センチ、高さ30センチ。竹の花入れで、つり下げるための鎖つき。

 

買った当時は高額だったと思うけれど、これほどのものを掛ける空間が少ないかも。

だから1000円。

| hirao | 06:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Profile

SHOP蔵の中

・世田谷区松原5-20-17
・TEL:03-3324-6778
SHOPはこちらからお入りください。

営業日
・ほぼ毎日開店
 ただし豪雨、豪雪の日は閉店
・時間 10:30-18:30
(30分くらい前後する日もあります)
ACCESS
・京王線明大前より徒歩10分
・井の頭線東松原より徒歩7分
・世田谷線松原より徒歩9分
・小田急線梅が丘より徒歩11分
地図はこちらからダウンロードを。
PDFファイル610KBです。

メールはこちら

お問合せは、
電話またはメールにてどうぞ。

ショッピングカートについて

環境により、レジまで進めない方が
少なからずおられます。
その場合は、SHOPを別窓
(新規ウィンドウ)で開いてください。 それでもだめな場合は、お手数ですが
電話またはメールでお問合せください。
近々修正するつもりではおりますが...。

店主紹介

平尾健二(ひらおけんじ)
東京都出身。多摩美術大学卒業後
積水化学工業デザイン部門に勤務。
古民家を入手し
別荘として改築したことで、
日本の文化、古民具に目覚める。
民家の移築建築相談承ります。
古建具や建材の在庫あります。

nakanohito

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode