Page: 2/485  << >>
昔、怪異は日常的にあった

今朝の日経新聞文化面は山形の怪異談の話だった。

それを読んで思い出した。

 

私が子供のころも、親が伝え聞いた、または体験した不思議話をよく聞いた。

前も書いたかしら。夜道を歩いていると対岸に灯りの行列が見える。

「さてはきつね」と歩いていた人は用心するが、気づくと側の用水路をじゃばじゃば歩いている。

陸に上がり、しばらくするとまた水の中。

その人が集まりに遅れて来てしかもずぶぬれで語った話として母親から聞いた。

 

きつねやたぬき、犬神の話とか、どれだけ田舎かって話だが(まあ田舎ではある)。

むろんきつねやたぬきが人を化かしたのでないとは思う。

 

人の妄想が不思議を引き起こすとしても、では人の妄想はどれだけのことができるのか。

 

4月にしては寒い今朝のタック。

 

マルコ。

 

ミミちゃんはキッチンの炊飯器で暖をとっている。

 

なにやら文字入力がおかしいと見たら、タックがキーボードを腕で押さえていた。

 

大臣の失言っていうけれど、アレは失言というより「つい本性が出た」ですよね。

なんでああいう人物が選挙で選ばれたのか。選挙民の責任でもある。

| hirao | 07:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Facebookにアキアキ

Facebookをやめようかと考えることがしばしば。

でもそれで連絡をとる人も数人いて。

 

そこらの人が発信する個人情報を見たくも読みたくもなし。

きれい、感動する、共感するなどなら「いいね!」もできるけど。

 

このブログだってそんなものだが、ブログは訪問しなければすむからね。

 

これはなんだな、友人同士の連絡につかうという本来の用途を

逸脱するレベルの友達が増えたからだ。

(私は友達申請の半ばは無視しているが)

で、今朝、数人のフォローだけをやめた。

変人で人嫌いですみません。

あ、あなたのことではありません。

ここをたまにでも訪問してくださっているであろう方々はみな親しくしたい友人です。

 


昨日帰宅してカフェラテを飲んでいたら、膝の上に静かに乗ってくる猫。

いつもの2匹と様子が違う。ミミちゃんだった。

タックは違うパーソナルチェアに、マルコは店主と同じソファで丸くなって眠る

氷雨が降る午後。

日々は過ぎる。なにごともなく着実に終焉に向かい。

| hirao | 07:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
猫は賢い

タックはしばしば「店(というより倉庫)に入れて」と走ってくる。

2階にいる私を振り返りながら階段を降りる。

「早くドアを開けて」と言っているのがわかる。

入れてやると、晴天の日は入り口から外を見ている。

東向きだから朝日が入るのである。

 

今朝も「入れて」というからドアを開けて入れてやる。

呼んでも戻ってこなかったからドアを閉める。

うっかりすると忘れてしまうから気をつけないと、と思ったのに少しの間忘れていた。

ドアを開けるのを待ちかねていた。

今日はお外も暗いし寒いからね。

 

昨日の晴天が嘘のような、予報通りの雨だ。

 

西向きの窓にミミちゃんがいた。

コソコソと、けっこうあちこち家の中を移動して光と安息の地と食べ物を得ている。

 

先日「猫は自分の名前がわかる」というのがけっこう大きいニュースになったが、

猫飼いに言わせると「なにをいまさら」だ。

猫をバカにするんじゃない。

| hirao | 06:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
花2題

今ごろどこでも見られる光景だろうが...。

 

近所の桜の落花がきれいだった。葉が透けて見える時期の桜も好きだ。

 

だいぶすがれた。でもまだまだきれいなヘレボラス。

この姿もまた美しい。

| hirao | 07:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
今年の桜は長く楽しめた

桜がまだ美しさを保っている。

この雨で落花が加速されるのかな。

2つの週末に渡り、花見を楽しめた方が多かったことでしょう。

 

うちのヒアシンスはまだこんな感じ。

 

椅子に座ったとたん、すかさず誰かが膝の上に。

ふと気づくともういる感じ。

でもいろいろやることがあるから「ごめんねマルちゃん」と降ろそうとしたら

「ヒャア」って抗議された。

| hirao | 07:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ハンドミキサーと電子レンジ用スポンジ型

久しぶりに「猫の里親募集サイト」をのぞいて、胸が痛くなった。
飼い主が急死して近所の人が面倒をみていたが、近隣から迷惑がられて虐待されていたとか、
捨てられて保健所に収容されたコとか。


動物を飼おうと思ったら、買うのでなく
行き場を探しているコを引き取る事をどうか検討してほしい。

 

今日は友人から預かったもののとりあえず最後。
以後数日は何も出さないかと思う。

 

ハンドミキサーと電子レンジ用スポンジ型。
箱は汚れているが状態はよい。

 

 


うちは女性のお客さまが多いから預かってきた。

SHOPに出していません。

 

ハンドミキサーは買ってよかった料理器具の一つだ。
もしまだ持っていない人がいらっしゃるならおすすめです。

 

電子レンジ用スポンジ型、18センチ。

 

 

2点で1800円。

| hirao | 06:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ミュージアムグッズのガラスバスケット

馬に乗っていると一陣の風が吹き、空からざあっとたくさんの桜が舞い落ちてきた。
「わあ」と声をあげながら馬を走らせた。
昨日の風でだいぶ花は散っただろうか。

 

 

友人から預かった、手づくりの小さいガラスバスケット。

アメリカ、ウェストバージニア州にあるフェントン博物館のニュージアムグッズ。

 

過去に展示されたことがある美術品と同様に作られたもので、

水玉柄とフリルがかわいい。すみれなどを生けたりして。

 

全体高さ7.2センチ、幅11.4センチ。

 

3000円。

| hirao | 06:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
手吹きガラスのボウル、ミニボトル

東京の桜はちらほら散りだしたところも。

今年は冷える日が続いたから長く楽しめました。

 

今日もガラス。

友人宅の飾り棚に入っていたものを預かってきた。

友人は家移りをするので、次の家の候補をいくつか見せてもらったが、

東京の不動産高騰に驚いた。

予算は1億2000万円くらいなのだが、間取りを見るといやに狭い。

80平米しかない! 今の一戸建てからじゃあまりに狭くない?

築年数を少し妥協したらとすすめておいた。

場所は妥協したくないようだったから。

 

そんなわけで、どれも使われていないもの。

sold out

 

 

小ぶりの楕円ボウルでたぶんイタリア製の手吹きガラス。

 

白、水色、金色の涼やかな色合い。

 

フルーツやアイスボウルに。

 

13.8×10×高さ5.3センチ。3500円。

 

 

ガラスのミニボトル。

 

 

底に作家サインが彫られている(読みにくい)。

 

一輪挿しにしてもすてき。5.5×3.8×高さ7センチ。2500円。

 

 

その友人が庭の山椒をたくさん摘んでくれたので、昨夜は鯛飯にワカメのサラダ。

天然真鯛が店に出ていたから。

うちにも山椒の木はあるけれど、木が小さいので葉を摘んでしまうのはかわいそうで。

| hirao | 06:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
イタリア製手吹きガラスの香水瓶

イタリア製手吹きガラスの小瓶たちを出しました。

 

sold out

青と黄色。本体高さ5.4センチ、蓋を含む全体高さ7.5センチ。

 

 

3500円。

 

 

sold out

緑×金のライン。本体高さ6.5センチ、蓋を含む全体高さ9センチ。

 

 

3500円。

 

 

sold out

青緑色に金で花と葉が描かれ、蓋は葉。

 

本体高さ6.7センチ、蓋を含む全体高さ10.1センチ。

 

3000円。

 

 

これだけは瓶でなくリンゴの形の置物。中は空洞だ。

 

紺色と金の渦巻き模様がきれい。高さ7.5センチ。

 

2000円。

 

 

今朝も冷える。フリースの上でフミフミしたあと眠りにつくタック。

| hirao | 08:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
磁器の掛け花入れ

「令和」という元号を目にして「令」に違和感があった。

冷たい感じがしたから。みなさん同じような感想を持たれたようで。

でも他の古くさい元号候補を見たらこれしかないよねえ。そのうち慣れるだろうと思う。

そして、はや慣れたw

 

今日は店の中から発掘した掛け花入れ。

sold out

私が仕事でプロの市に行けないころは店主が仕入れをしていた。

それで買ってきたものだから、店を始めたころからある。

8個くらい、形違い柄違いであったと記憶しているが、これが最後の1点だ。

 

珍しい磁器製でかぼこ形。後にも先にもこういうのは見たことがない。

 

そして使われた形跡が。時代はたぶん昭和の初めくらい。

 

安定感があるから置いても使える。高さ20×厚み7×幅9.2センチ。

2500円の値札がついていたが1500円で。SHOPに出していません。

 

ちょっと雑な手描きの花柄。どんな花も似合う。

 

先日来のヘレボラスがまだ元気で。

 

 

最近のミミちゃんは台所にいる。ときどきマルコが行って、

脅しているんだか仲良くなりたいんだかわからないが、「フーッ」と怒られている。

なるべく近づけないようにしているのだが、そうそう規制もできなくて。

 

寒い日は膝の上でごめん寝のタック。

花冷えの日が続く、今桜があちこちで見頃だ。

でも眠っている猫たちを驚かせながら掃除機をかけないといけない。

猫の毛がひどいから。

 

明日は魅力的なものを出すことができると思う。では。

| hirao | 08:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

Profile

SHOP蔵の中

・世田谷区松原5-20-17
・TEL:03-3324-6778
SHOPはこちらからお入りください。

営業日
・ほぼ毎日開店
 ただし豪雨、豪雪の日は閉店
・時間 10:30-18:30
(30分くらい前後する日もあります)
ACCESS
・京王線明大前より徒歩10分
・井の頭線東松原より徒歩7分
・世田谷線松原より徒歩9分
・小田急線梅が丘より徒歩11分
地図はこちらからダウンロードを。
PDFファイル610KBです。

メールはこちら

お問合せは、
電話またはメールにてどうぞ。

ショッピングカートについて

環境により、レジまで進めない方が
少なからずおられます。
その場合は、SHOPを別窓
(新規ウィンドウ)で開いてください。 それでもだめな場合は、お手数ですが
電話またはメールでお問合せください。
近々修正するつもりではおりますが...。

店主紹介

平尾健二(ひらおけんじ)
東京都出身。多摩美術大学卒業後
積水化学工業デザイン部門に勤務。
古民家を入手し
別荘として改築したことで、
日本の文化、古民具に目覚める。
民家の移築建築相談承ります。
古建具や建材の在庫あります。

nakanohito

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode